家賃滞納1ヶ月…いつ強制退去になる?執行までの流れや保証会社による強制退去について

お金に関するトラブル

1ヶ月だけの家賃滞納では契約解除・強制退去にはなりません。一般的に2ヶ月目に家賃支払督促の内容証明が送達され、3ヶ月以上の滞納に及ぶと契約解除通知・法的手続き(訴訟・判決・明渡処分)となり強制退去に至ります。近年、家賃債務保証会社を介しての賃貸借契約が増え、滞納家賃が保証会社によって弁済されると、保証会社から弁済金の督促を受けます。保証会社によっては回収方法に自主ルールを設けていない場合もあり、強引な追い出し屋のような取り立てを受ける可能性もあります。

携帯代滞納は5年が時効ではない!裁判になれば10年は信用情報機関に載る!

お金に関するトラブル

携帯料金・携帯端末代を滞納すると信用情報機関に異動(延滞)情報が記載されます。異動情報がある人は、あらゆるローン契約・クレジットカード契約の際に審査に通りにくい、または通りません。また、携帯代を滞納したまま放置していても時効は5年ではありません。時効の援用を行い異動情報を消してもらう必要があります。しかし裁判上の請求があったり、借金の承認があれば時効はストップし、さらに5年経過しないと異動情報は消えません。裁判上の請求により裁判所判決が出ると、その後10年間ブラックリストに載る可能性もあります。

税金・家賃・携帯料金・奨学金を滞納したら信用情報機関に載る?載らない?

お金に関するトラブル

水道光熱費や公共料金の滞納・税金滞納・家賃や携帯電話料金の延滞・奨学金の返還滞納など、これらの項目の中で、延滞や滞納をすれば信用情報機関に異動情報が載る情報と載らない情報があります。延滞情報が信用情報機関CIC・JICC・KSCによって、CRINやFINEで情報共有される。携帯端末の割賦払いにおいて、契約者が未成年の子供の場合、支払い名義人の親権者が滞納すると子供の信用情報に登録される。奨学金の延滞情報は10年間保有されます。信用情報に載らない延滞は放置するとどうなるのか?信用情報に関する疑問を解決します!

カードローンの支払利息が増える原因は返済方式と最低返済額!利息を減らす方法とは?

カードローン

カードローンの利息はできるだけ低く抑えたいですよね。利息を節約するために金利が低いキャッシングを選ぶ方が多いですが、金利の低さだけで選んだら損をしてしまうかもしれません。利息を抑えるためには、「返済方式」でカードローンを選ぶ必要があります。なぜなら最低返済額によって返済期間が長くなり、結果的に多くの利息を支払うことになるからです。今回はカードローンの利息を抑える方法を詳しく解説します。

金欠でデート代が払えない!金欠貧乏でも恥をかかずにデートを成功させる方法

生活

ついに憧れのあの娘と初デート!だけど財布を見たらお金がない!「金欠だから彼女にも食事代を払ってもらう」「お茶代だけでも割り勘で」なんて考えていませんか?女性はデート代を男性に払ってもらうことを期待しています。給料日前でちょっと厳しいからとデートを断るのはもったいないですよね。カードローンでお金を借りればデートのお金が解決できます!オススメはキャッシング機能付きクレジットカード「ACマスターカード」です。

審美歯科の分割払いはデンタルローンだけじゃない!歯科治療費をお得に分割払いする方法

カードローン

歯科矯正やホワイトニング、セラミック治療といった審美歯科の治療は、費用が高いですよね。とくに歯科矯正は50万円~100万円と高額で、ほとんどの方は一括払いではなく分割払いができるデンタルローンを利用されています。でも実はデンタルローン以外にも審美歯科の治療費を支払う方法があるのです。それは銀行カードローン。銀行カードローンを利用することでデンタルローンのトラブルを防ぐことができます。また医療控除の対象となっている治療は、還付金を受け取ることもできます。

『ローン審査が通らない理由は信用情報にある』情報の見方と異動情報の回復方法

カードローン

ローン審査が通らない理由は信用情報にあります。過去に借金返済の滞納や、携帯電話料金の未払いをしたなどで信用情報に異動情報が載っていると、「信用できない人」と判断されて審査に落とされてしまうのです。よく言われるブラックリストとは、この信用情報のことを指しています。今回はローン審査に落ちたらするべきこと、信用情報開示をして分かることに加え、信用情報の見方や、異動情報・事故情報があった場合どのように信用回復させればよいのかについて解説します。

ページの先頭へ