アコムの返済を延滞したときどうすればいい?
「アコムの返済日に返済するのを忘れた!」アコムでお金を借りていると、うっかり返済を忘れてしまうこともあるでしょう。

また返済日が近づいているけれど、返済するお金が用意できそうにないとき、どうすればよいか困ってしまいますよね。

アコムの返済を延滞してしまった人や、返済日までにお金が用意できないとわかったときは、すぐにアコムに電話をして、今後の返済について相談しましょう。

アコムに相談すれば返済日の延期や利息のみの支払いなど、返済方法を提案してくれます。

もしアコムの返済をしないまま放置してしまうと、遅延損害金の支払いを求められるだけでなく、アコムからの追加借り入れができなくなってしまいます。

また2~3ヶ月を超える長期の延滞は信用情報にも影響するため、アコム以外のローン審査に不利になってしまう可能性もあるのです。

アコムへの返済が毎月厳しい状況なら、アコムよりも金利が低い銀行カードローンに借り換えると、毎月の返済が楽になるかもしれません。

すでにアコムの返済を長期滞納しているなら、債務整理という方法で返済額を減額することも検討してみましょう。

今回はアコムの返済を延滞したときのアコムの対応と、延滞時の対処法について紹介します。

アコムの返済を延滞したまま放置するとどうなるの?

アコムをはじめとする消費者金融の返済を延滞すると、怖い人が突然取り立てに来るイメージをもっている人もいるかもしれません。

ですが現在は、少なくともアコムやプロミスといった大手消費者金融では、激しい取り立てを行っていません。なぜなら貸金業法によって、取り立て方法にも厳しい規制があるからです。

アコムでは返済に遅れると翌日から利用者にペナルティが課せられ、延滞が長期化するにつれて、どんどん厳しい対応となります。

とくに気をつけたいのが、2~3ヶ月以上の長期延滞です。

アコムから督促の連絡があったにもかかわらず無視して放置してしまうと、信用情報に傷がついたり、最悪の場合、法的措置が取られて財産が差し押さえられることもあるのです。

アコムの返済の延滞について忠告するオペレーター

返済遅れの日数によるアコムの対応を表にしたので、参考にしてください。

返済を延滞したときのアコムの対応

延滞日数(目安) アコムの対応
1日~ 損害遅延金が発生する
追加借り入れができなくなる
数日後~ アコムから督促の電話やハガキが来る
2ヶ月~3ヶ月 ローンカードが利用停止になる
信用情報に傷がつく
3ヶ月~ アコムから一括請求が来る
6ヶ月以上~ 裁判所から訴状が届く

※あくまで目安なので、実際と異なる場合があります。

ではアコムの返済を延滞したまま放置すると、アコムはどのような対応をするのか詳しく見てみましょう。

アコムに遅延損害金を支払う必要がある

返済日にきちんと返済できなかった場合、約定返済日の翌日から遅延損害金が発生します。

遅延損害金のしくみ

遅延損害金とは返済が遅れたことによる罰金のようなもので、アコムの利息と同じ計算方法で算出でき、返済期日の翌日を起算日として遅延した日数に対して発生します。

遅延損害金 = 借入残高 × 遅延損害金年率(20%)÷ 365日 × 延滞日数

たとえば借り入れ残高が30万円で、延滞日数が20日の場合、30万円 × 20% ÷ 365 × 20日 = 約3,288円の遅延損害金が発生します。

そして返済日に支払うはずだった金額に、上記の方法で計算した遅延損害金を足して返済するの必要があるのです。

オペレーター

遅延損害金は1日ごとに発生するので、1日でも早く返済できればそのぶん遅延損害金の負担も少なくなります。

アコムから追加で借り入れができなくなる

返済日をすぎると、翌日からアコムで追加借り入れができなくなります。

たとえば昨日まで「利用可能額10万円」だったのに、いきなり「利用可能額0円」となるということですね。

アコムからの連絡を細かくチェックしていない人は、追加借り入れをしようとしたときに利用可能額が0円となっていて、そのときはじめて返済遅れに気づくという人もいるようです。

返済日からまだ数日程度しか経っていないなら、遅延損害金とともに返済金額を支払うことで、停止は解除されるでしょう。

アコムから電話や封書等で督促が来る

カードローンの返済を延滞したときの督促電話

返済期限を過ぎても返済をしなければ、返済日の翌日以降に、「メール」「電話」「郵便物」のいずれかの方法で督促の連絡がきます。

まず返済日に支払いがないと、翌日以降すぐにメール連絡がきます。

はじめて返済を延滞してしまう人は、「うっかり返済期日を忘れていた」という人が多く、メールを見て延滞したことに気がつく人も多いです。

メールを見たタイミングで、すぐに滞納した金額と遅延損害金を返済すれば、それ以降アコムから督促の連絡がくることはありません。

メール連絡後にも返済されなければ、返済日の翌日から3日後くらいをメドに、電話による督促がはじまります。

連絡が入る順番は、はじめに個人の携帯電話、何度かけてもつながらなければ固定電話、そして勤務先の順で電話がかかってきます。

返済が遅れたからといって、いきなり勤務先に電話がかかってくることはありません。

電話の要件は「遅延している事実確認と、返済できる期日(約束日)」の確認です。

基本的に連絡が取れるまで1日3回程度(午前中・午後・夕方)の電話があるでしょう。

そしてアコムからのメールや電話の連絡をさらに無視すると、自宅に電話による督促があり封書(督促状)が届きます。

郵便物の差出し名が「ACサービスセンター」と書かれていたら、アコムからの郵便物です。

家族と一緒に住んでいる人は、アコムからの督促状によってアコムの利用または返済遅れが家族に知られてしまう可能性があります。

できれば督促状が届く前にアコムの延滞を解決しましょう。

アコムのローンカードが利用停止になる

返済を延滞して2ヶ月~3ヶ月をすぎると、アコムのローンカードが利用停止になる可能性が出てきます。

追加融資が停止された段階なら、遅延が解消されれば再び利用できましたが、ローンカード停止となると、遅延が解消されただけでは簡単に利用再開できないと考えてください。

アコムからの督促の連絡を何ヶ月も放置している状態で、信用もおおきく低下しているので、利用停止を復活させるのはとても難しいといえるでしょう。

もしローンカードの停止になったけれど、利用を復活させたいなら、やはりまずアコムに電話連絡を入れ、長期延滞を認識していることを伝える必要があります。

そして返済金額と利息、返済日以降の遅延損害金の合計金額を確認し、できれば電話した当日に返済するか、遅くても1週間以内の日付で約束日を設定してください。

可能性は非常に低いですが、返済額を満額返済すれば停止が解除されるかもしれません。

アコムの延滞情報により信用情報にキズがつく

アコムの返済を延滞して2~3ヶ月をすぎると、信用情報に長期延滞という金融事故情報が登録されます。

この状態を「信用情報にキズがつく」または「ブラックリストに載る」といった言い方をすることもあります。

信用情報に金融事故情報が登録されるデメリットは、今後利用するローンの審査や利用中のクレジットカードに大きく影響してしまうことです。

金融事故情報のデメリット例

  • 利用中のクレジットカードが利用停止になる
  • 新しく契約するスマホ端末の分割払いの審査に通らない
  • カードローン審査に通らない
  • 住宅ローンやカーローンの審査に通らない

信用情報に事故情報が載ると、延滞を解消してからも原則5年間は消えないため、ライフプランを大きく変更させてしまう可能性があります。

法的な措置がとられて一括請求される

アコムから再三督促の連絡があったにもかかわらず、放置し続けた場合、手続きがアコムから裁判所へ移行されます。

裁判所からアコムの利用者(債務者)宛に支払い督促が届き、記載された出廷日時に裁判所に出廷する必要があります。

もし裁判所からの支払い督促も無視し続けると、アコム側の主張が全面的に認められ、一括請求が行われるでしょう。

一括請求とは

一括請求とは利息を含めた返済するべき金額を、分割ではなく一括で返済するように要求すること。アコムから一括請求の通知が来ることもあれば、裁判所から一括請求の通知が届くこともある。裁判所からの一括請求の通知には返済期日が記載されており(約2週間以内)、返済できなければ強制的に財産が差し押さえられる。

最終的には「給与などの差し押さえ」も行われます。

給料が差し押さえられると、勤務している会社に借金をしていること、そして借金を滞納したことが知られてしまうので、今後の生活に影響が出るでしょう。

アコムの返済日までに支払えないときの対処法2つ

アコムの返済に遅れると、さまざなペナルティが課せられることを紹介しましたが、どうても返済日までに支払いができないこともありますよね。

返済に遅れそうなときは、アコムのコールセンターに電話で相談しましょう。

返済日の延期をしてもらったり、利息だけの返済に応じてもらうなど、さまざまな解決方法を提案してくれます。

返済遅れについては、どうしても連絡しづらいと感じるかもしれませんが、相談をすることのメリットはたくさんあります。

アイフルに電話連絡をするメリット

  • 自ら連絡することで返済の意思を表すことができ、印象がよくなる
  • どうすればいいのか指示を仰ぐことができる
  • アコムから督促の電話がかかってこない

電話口でアコムのオペレーターから、返済の遅れについて怒られたり、無理な返済を促すようなことはないので、安心して相談してください。

それでは、アコムの返済日までに支払えないときの対処方法について詳しく説明をしていきます。

1. アコムに連絡し返済日の延期を申し出る

毎月指定期日、35日ごと払い、あるいは口座振替で決まっている直近の返済日を、先延ばしにしてもらう方法です。

返済日の延期を申し出るメリットは、連絡をしておくことでアコムから督促の連絡が来ないことです。

通常、支払予定日に返済がなければその翌日からアコムより督促の電話がありますが、返済日を延期しておけば連絡が来ないため、家や会社に督促の電話連絡がくることはありません。

返済日の延期を申し出る際は、「◯月△日までには支払うことができます」とアコムと約束をする必要があるので、きっちり支払予定日を決めてから連絡しましょう。

アコムで返済日を伸ばす手続きは、次の3つの方法から行います。

  • アコム総合カードローンデスクに電話

    平日9時~18時(0120-629-215)

  • プッシュホンサービス24(音声自動応答)で設定

    終日24時間(0120-134-567)

  • 会員ログインページから設定

    「お支払い期限について」を選び設定

プッシュホンサービスや会員ログインからの設定を選べば、オペレーターと直接話すことなく手続きが可能です。

ただしすでに返済日を過ぎている場合は、早急に連絡をしなければいけないので、総合カードローンデスクに電話をし、オペレーターと直接話しましょう。

返済日の延期を申し出ても遅延損害金の支払いは必要

通常返済日に遅れると、遅延損害金が発生すると紹介しました。

遅延損害金は通常の金利よりも高い金利(年率20%)で、返済日の翌日から返済する日まで、1日ごとに加算される仕組みです。

そしてこの遅延損害金は、アコムで返済日の延期を交渉した場合も発生します

返済日の延期は可能な限り短期間で設定し、延期した日程よりも早く返済できるメドが立てば、すぐに返済してしまいましょう。

返済日を延期できる日数は個人で異なる

アコムの返済日をいつまで延ばせるか気になりますよね。

返済日を延期できる日数は、返済状況やオペレーターとの相談によって決まるため、一概には言えません。

目安として最大30日くらいは待ってもらえるようですが、「翌月の給料日を支払日にしたい」というような、明確な理由があることを伝える必要があります。

また、一度延長した約束日を「さらに延長」する事は原則できません。

返済日を延長する際は、収入の状況などよく考慮して設定しましょう。

2. 利息分だけでもアコムに支払う

アコムでは、返済期日までに最低返済額の支払いが厳しい場合、相談次第で利息のみの支払いが認められる場合があります。

利息分だけでも支払いしておくメリットは2つあり、1つ目は遅延損害金が発生しないことです。

返済日を延期してもらう場合は遅延損害金が発生しましたが、利息だけでも支払っておけば、遅延損害金は発生しません。

利息の支払があれば返済が行われたとみなされ、返済が遅延したことにならないからです。

そして2つ目は、返済日の延期を申し出たときと同様に督促の電話がかかってこないこと。

遅延損害金が発生しないことを考えると、返済日を遅らせるよりも利息分だけ先に返済しておく方がよいかもしれません。

アコムで返済を利息のみにしてもらう場合は直接総合カードローンデスクに電話して、オペレーターに相談しましょう(平日9時~18時)。

そのあとはオペレーターの指示にしたがって、利息分だけ返済すればOKです。

利息分のみ支払い続けても返済は終わらないので要注意

利息分さえ支払っておけば、遅延損害金も発生しないので、返済が厳しい人にとっては嬉しい対応ですよね。

ですが、利息のみの支払いはあくまで応急処置であると考えておきましょう。

そもそも利息は借入残高と金利を用いて算出します。

利息 = 借入残高 × 金利 ÷ 365日 × 借入日数

つまり利息だけ払うと借入残高が一切減らないわけですから、返済がまったく進まないということです。

利息だけの支払いを続ければ続けるほど、余計な利息を払うことになるので、長期化しないように気をつけましょう。

オペレーター

アコムは公式サイトで「一時的な約定返済金の減額も可能」と明記しています。相談次第では利息以上の最少額での返済も可能とのことなので、アコムに相談してみましょう。

返済額を抑えるために金利が低い銀行カードローンへの借り換えを検討する

アコムの返済を延滞する人の中には、毎月の返済額の負担が大きく、返済が遅れがちになっている人もいるのではないでしょうか。

とくにアコム以外の金融機関からもお金を借りている人は、月々の返済額が膨らんで返済が困難な状況に陥りがちです。

そんなときは複数社からの借り入れを、金利が低い銀行カードローン1社に借り換えることを検討してみてください。

銀行カードローン1社に借り換えるメリットは、金利を下げられることです。

返済先が1箇所にまとまることで借入額が高額になり、その分金利の大幅な引き下げが期待できるのです。

また複数社からお金を借りると、それぞれの最低返済額分のお金を用意し、バラバラに返済する必要がありますよね。

ですが借り換えることで1社分の最低返済額を用意するだけでよく、また返済先も1箇所のみなので毎月の返済負担を減らすことができます。

アコムを銀行カードローンに借り換える

たとえばアコムの残高が50万円、その他2社の消費者金融にそれぞれ40万円と30万円の残高があるとしましょう(金利はすべて18.0%とします)。

毎月3社それぞれの最低返済額分を支払う必要があるため、アコムに15,000円、A社に11,000円、B社に12,000円返済するとした場合、毎月総額38,000円返済する必要があります。

もしこの3社を1つの銀行カードローンに借り換えた場合、銀行カードローンから120万円借りることになり、100万円を超えたことで金利が大幅に下げることができます。(例:18%→12%)

さらに返済先が1箇所になったことで、毎月の返済負担が38,000円から20,000円と18,000円も減らすことができました。

このように、銀行カードローンに借り換えることで毎月の返済負担を減らしつつ、完済を目指すことができるのです。

借り換えにオススメ!楽天銀行のカードローン

アコムの返済延滞が解消できないなら債務整理で返済を減額する

すでにアコムの返済を延滞しており、今後も支払いできない状況なら債務整理という方法で借金の減額ができるかもしれません。

債務整理とは任意整理をして返済の減額交渉をしたり、自己破産をして返済を全額免除する手続きのことを言います。

債務整理の方法は以下の4種類あります。

  • 任意整理

    お金の貸主に直接交渉して借金の減額をしてもらう方法。弁護士や司法書士が代理で交渉してくれる。

  • 特定調停

    裁判所を通じて、借主が貸主に減額を交渉する方法。任意整理と異なり、弁護士や司法書士を代理に立てることはできない。

  • 個人再生

    裁判所を通じて、借金を減額してもらう方法。任意整理よりも大幅に借金の減額ができる。

  • 自己破産

    裁判所を通じて、借金の返済が免除となる方法。

任意整理はあくまで減額交渉なので、今後も返済が続けられるかの見極めが重要となります。自己破産は全額免除ができる代わりに失う財産もあるため、慎重な判断が必要です。

借り入れの状況や個人の経済状況によって、最適な債務整理方法を選ぶなら、専門家である弁護士や司法書士に相談しましょう。

まずは匿名でできる無料の減額診断で、あなたの返済額がいくら減額できるのか確かめてみてください。

今後アコムの返済を延滞しないための対策方法3つ

アコムの延滞を解決し、引き続きアコムを利用する方のために、今後アコムの返済を延滞しないための3つの対策方法を紹介したいと思います。

どの方法もすぐに実践できるので、ぜひ参考にしてください。

アコムの返済に遅れない方法

1. アコムのeメールサービスで返済忘れを防ぐ

アコムにはeメールサービスという会員サービスがあります。

eメールサービスに登録すると、返済日の3日前と返済日の当日にお知らせメールが届きます。このメールが届くことで、返済忘れを防ぐことができるというわけです。

またうっかり返済することを忘れてしまっても、返済期日経過後にもお知らせメールが届くので、延滞を最小限に留められるでしょう。

アコムのeメールサービスは返済のお知らせメールだけでなく、カード更新案内やキャンペーン情報も届くので、まだeメールサービスを登録していない方は登録しておくことをオススメします。

アコムの公式サイトから会員ログインをして、会員メニューの「eメールサービスのご登録」から手続き可能です。

もしアコム借り入れ中にメールアドレスを変更したという人は、登録変更の手続きが必要となるので気をつけましょう。

またeメールサービスに登録したのに、メールが届かないという場合は、アコムからのメールが受信できない設定となっている可能性があるので、アコムからのメールが届くように受信設定を行ってください。

2. アコムの返済方法を口座振替(自動引き落とし)にする

アコムの返済方法をインターネット返済やATMからの返済にしている人は、自分で返済管理をきちんと行っていないと、返済忘れをする可能性があります。

返済日を忘れてしまうという人は、返済方法を口座振替(自動引き落とし)にするのも、よい方法です。

アコムでは口座振替に登録すると、毎月6日(6日が土日祝、年末年始の場合は翌営業日)に指定の金融機関から自動引き落としされるので、毎月返済の手続きをする必要がありません。

登録してから自動引き落としが開始されるまで2~3ヶ月かかるので、早めの登録をオススメします。

また口座振替での返済は最低返済額となるので、追加で返済したい場合はATMやインターネットから返済しましょう。

口座振替で注意したいことは、金融機関の口座に残高が残っているか確認することです。

もし引き落としの口座に残高が残っていなければ、返済が完了せず延滞の原因となってしまうので気をつけましょう。

3. 収入がある日に合わせてアコムの返済日を調整する

アコムの返済日は「35日ごとの返済」と「毎月指定期日」の2種類から選ぶことができます。

35日ごとの返済ですと、返済日の翌日から35日目が返済日となり、35日以内ならいつでも返済ができるので、大変便利な返済方法です。

ただ毎月の返済期日が変動するため、毎回確認する必要があり、返済期日を忘れがちな人にとっては不向きと言えます。

返済日を忘れないようにするには、「毎月指定期日」にする方がよいでしょう。

また返済日を指定する場合は、収入がある日から3日程度後に設定することをオススメします。

収入がある日の直前に返済日を設定してしまうと、手持ちのお金が少ないときに返済日を迎えてしまうこととなるので、返済延滞の原因となってしまいます。

アコム借り入れ中に転職をして給料日が変わったときは、返済日も合わせて変更し、余裕をもって返済できるようにしましょう。

35日ごとの返済と、毎月指定期日の返済はアコム利用中でも変更ができるので、収入やそれぞれの都合に合わせて定期的に返済日の調整してください。

【まとめ】アコムの返済を延滞しても放置せずに必ずアコムに連絡しましょう

アコムの返済を延滞したときのアコムの対応と、返済延滞時の対処法について紹介しました。

一番知っておいてほしいことは、アコムの返済を延滞したときにまずアコムに連絡をするということです。

アコムに自ら連絡をすることで、返済の意思を伝えることができるので、それだけでも印象がかなり違います。

一番避けたいことは、アコムからのメールや督促の電話を無視し続け、返済を長期滞納することです。

アコムの返済を長期滞納すると、アコムからの信用度が下がるだけでなく、アコム以外のローン審査にも悪い影響を及ぼします。

また数日の延滞でも毎月のように繰り返してしまうと、信用度を落とす原因となるので、期日を守って返済するように心がけましょう。

「アコムへの毎月の返済が苦しい」「延滞を解消することが難しい」という人は、アコムよりも低金利で月々の返済額が少ない銀行カードローンに借り換えるか、債務整理をして返済額を減額することも検討してみてください。