アコムの審査にかかる時間は最短30分!即日融資も可能です。

しかし最近では、消費者金融やカードローンでも30分の審査が当たり前の時代。

そこで今回は「アコムではなぜそんなに早く審査ができるのか?」「実際のところ30分で終わるのか?」について紹介したいと思います。

この記事を読むとわかること

  • アコムの審査で実際にかかる時間
  • 審査の時間が長引く人の原因や特徴
  • アコムの審査時間についての口コミ

実際にローン審査に申し込んで回答待ちをしていると「審査がはじまってから1時間も連絡がない、審査落ち?」と不安になるものです。

この記事を読んていただくと、自分の審査時間の目安がわかり不安も解消されますのでぜひチェックしてみてください。

アコムの審査時間は最短30分~1時間前後

アコムの審査時間は最短30分

アコムの審査時間は、最短30分です。

なぜそれほど審査が早いのか、また本当に最短30分で終わるのか実際のところを解説していきます。

アコムの審査が早い理由とは

実は最短30分という審査は、銀行カードローンと比べると断トツの早さです。

アコムの審査が早い理由は2つあります。

1. コンピューターによるシステム化

スコアリングという言葉をご存知でしょうか。

消費者金融のローン審査では自動で個人の情報や過去のデータを確認し、信用力を数値化し評価します。

これをスコアリングといい、自動与信システムとも呼ばれます。

つまり申し込んだ瞬間から、「きちんと返済できる人」なのかコンピューターが点数ではじき出しているのです。

入力してから10秒たらずで数値化されるので、すごい速さです。

もちろん審査の最終確認は人の手によってされますが、このシステム化により審査のスピードは格段と早くなりました。

2. 顧客を集めるため

消費者金融のカードローンは、銀行カードローンに比べて金利は高めです。

その分、顧客ニーズに答えることで集客力を上げる努力が必要となります。

その中の一つが「スピード審査」です。

出来るだけ早く審査結果を出すことは、顧客満足度を高め、アコムの利用客を増やすための企業努力ともいえます。

アコムの審査は、自動契約機(むじんくん)が早い?

アコムの契約方法に迷う男性

アコムでは、「ネット」「電話」「店舗」「自動契約機」「FAX」などさまざまな申し込み方法がありますが、どの方法でも審査最短30分というのは同じです。

ただ、審査に入る優先順位として自動契約機(むじんくん)が一番とされています。

自動契約機(むじんくん)から申し込む利用者は、無人店舗へ直接足を運んでいます。

そのためアコム側としても待ち時間を短くするため、審査結果を早めに出そうとするのは自然なことですよね。

ただ審査結果は早く出るものの、自動契約機へは物理的な移動時間がかかります。

なので自動契約機に行くよりも、webで手続きを済ませた方が早い場合もあります。

自分の環境によって申し込み方法を選択するとよいでしょう。

アコムの審査受付時間は9:00~21:00

アコムの審査受付時間

アコムは24時間ネット申し込みができるので、いつでも審査を受けれると思いがちですが、審査受付時間は別に設定されています。

アコムの審査受付時間は、09:00~21:00(土日祝も対応)です。

当日中にお金を借りたい場合は、21時の審査終了時間までに回答を貰う必要がありますのでご注意ください。

21時以降に申し込んだ場合は、翌朝9:00からの審査となります。

審査時間はほんとに最短30分で終わるの?

ホントに30分で審査が終わるか不安な男性

さて、アコムの審査時間について説明してきましたが、肝心なのは「実際に最短30分で終わるのか?」ということです。

実際にアコムを利用した9人の、審査にかかった時間を集計してみました。

審査にかかった時間

  • 30分以内 3人(33%)
  • 1時間以内 4人(44%)
  • 2時間以内 1人(11%)
  • 1日以上間 1人(11%)

回答結果を見ると、一番多かったのが「1時間以内」の44%でした。

実際の審査では、申込情報の確認や在籍確認の途中で、保留や要確認が発生することがほとんどです。

その場合は審査の時間は長引き、30分で終わることはできません。

「アコムの審査は実際に最短30分で終わるのか?」の問いの答えとしては、「審査に問題がなければ、最短30分で終わり、平均的に1時間前後かかる。」といえます。

アコムの審査時間が長引く7つの原因

ではなぜ審査時間に差がでるのでしょうか。

審査時間が長引く原因を7つご紹介します。

  1. 繁忙期で申込者が多い
  2. 年収が低い
  3. 勤続年数が短い
  4. 信用情報が悪い
  5. 申込内容に誤りがある
  6. 希望限度額が大きい
  7. 在籍確認が出来ない

当てはまる項目が多ければ、審査時間が長くなり、これが審査時間の差になります。

とはいえこれらの理由を改善しようにも、今すぐは改善できない項目もありますよね。

そこで今回は「今すぐ改善出来ない理由」「今すぐ改善出来る理由」にわけて説明したいと思います。

今すぐ改善出来ない原因

自分では改善できない、今すぐ状況を変えることができない原因は次の4つです。

  • 1. 繁忙期で申込者が多い
  • 2. 年収が低い
  • 3. 勤続年数が短い
  • 4. 信用情報が悪い

1. 繁忙期で申込者が多い

単純に申込者が多くて、審査に時間がかかる場合があります。

では一年を通して申し込みが集中するのはいつでしょうか?

じつはアコムにも繁忙期が存在します。

次のグラフをご覧ください。

アコム新規申込者数(月別)

アコムの月別の新規申込者をグラフにしたものです。

過去3年分ですが、同じ流れで増減しているのがわかります。

一年で出費が多い時期といえば年末年始ですが、じつは12月はボーナス月ですので申込者数は少なめです。

対して、3月の新生活シーズンは消費者金融が忙しくなる時期。

引っ越しや、新しい暮らしの準備費用での借り入れで申込者が増えます。

キャッシングを急ぐ場合は時期を選んでいられないですが、そうでなければアコムの繁忙期をずらせば審査時間の短縮につながるでしょう。

また、「曜日」や「時間帯」別で混みやすいのは次の通りです。

  • 審査が混みやすい
    • 月曜(休み明け)、金曜(週末前)
    • 振込融資の締切14時前後
    • 審査時間の締切20時前後
  • 狙い目
    平日の午前中

2. 年収が低い

アコムの審査においては、毎月安定した収入があることが重要であり、年収がたくさんあればいいというものではありません。

ただ年収の低さが審査結果に影響する場合があります。

それは総量規制に関係してきます。

総量規制とは、借入額を個人の年収の3分の1までに制限する法律です。

この法律にもとづいて、借入希望額と年収のバランスを見て限度額を低く設定します。

年収が低ければ総量規制に抵触するケースが多く、その確認や判断で審査に時間がかかる可能性が高いのです。

3. 勤続年数が短い

勤続年数が短い場合、職業をよく変わる人ではないかと、返済能力が疑問視される場合があります。

少なくとも1年の勤続年数がほしいところ。

転職するつもりなら、会社をやめる前にカードローンの契約だけ先に済ませておくことをオススメします。

転職して間もないのにカードローンに申し込む場合は、最初の希望限度額を低めにして審査に通過するのも方法です。

4. 信用情報が悪い

信用情報とは、過去のクレジットの支払いや消費者金融でのローンの返済内容が記録されている情報です。

過去の支払いや返済に問題がない場合は審査時間も短くなりますが、「滞納」など悪い情報があれば確認に時間がかかり審査にも影響します。

審査のボーダーラインギリギリにかかるほど慎重に審査されますので、審査時間は長くなると考えましょう。

今すぐ改善出来る原因

申し込みの仕方によっては、審査が長くなってしまうことがあります。

できるだけスムーズに審査を終えるには、次の3つについて自分で気をつけておかなければなりません。

  • 5. 申込内容に誤りがある
  • 6. 希望限度額が大きい
  • 7. 在籍確認が出来ない

5. 申込内容に誤りがある

入力間違いがないか必ず見直しをしましょう!

Webでの申込みは便利で簡単な反面、入力間違いが起こりやすくもあります。

店頭や自動契約機(むじんくん)での申込みであれば、間違いがあればその場で修正できますが、ネットでの申込みでは一旦連絡を待つ間だけ時間のロスです。

とくに以下の項目には注意しましょう。

  • 年収など数字のゼロの数

    (例)年収500万のところ、50万で入力

  • プルダウン式の選択項目

    (例)画面をスクロールしたつもりが選択項目が変わっていた

  • 生年月日・氏名フリガナ

    間違えると詐欺申し込みと捉えられかねない

自分の生年月日・氏名のフリガナを間違える確率は低いと思います。

ですがあえて間違い、過去の事故情報が検索されないように「詐欺申し込み」をしようとする人もいます。

誤解を受けないように申し込みの際にはとくに注意したいところです。

簡単な間違いであれば、修正後審査が再開されますが、箇所が多かったり重要な内容であればそれだけで審査に落ちてしまうこともあります。

入力がすべて終わったら、必ず見直しをしましょう。

6. 希望限度額が大きい

希望限度額と審査時間の関係は?

ここでいう希望限度額が大きいとは、50万円を超える額です。

アコムでは「50万円を超える借り入れ」の場合、本人確認書類に加え収入証明書(給与明細など)も提出しなくてはなりません。

提出書類が増えるとその分審査に時間がかかり、限度額が大きいほど審査も慎重に行われ結果的に審査時間は長引きます。

どうしても即日融資を希望する場合などは、希望限度額は50万円以下にするとよいでしょう。

たとえば10万円くらい少額の限度額であれば、審査のハードルも低く短時間で回答を得られます。

それに他社借り入れや信用情報に問題がなければ、仮に10万円で希望しても、アコム側の判断で30万円の限度額が設定されることもあります。

もし「◯◯万円借りたい」という特別な事情がない場合、なるべく低めの限度額に設定するとよいでしょう。

7. 在籍確認が出来ない

電話の取り次ぎお願いします。

在籍確認とは、審査の最終段階で申込者の勤務先に直接電話をかけ働いている確認をとることです。

審査の時間が短く終わる人は、在籍確認がスムーズに済んでいます。

在籍確認はアコムの審査担当が電話をするので、申込者は待つしかないわけですが、事前に対策できるポイントをご紹介します。

  1. 時間の指定をしておく
  2. 電話を受ける同僚に一声かけておく
  3. 自分の直通部署の番号を書く

たとえば、在籍確認の電話を自分が席にいる時間帯にしてほしい場合、アコムに何時くらいに電話してもらうかリクエストすることが可能です。

また、電話を取る担当の人が(怪しんだり、個人情報を漏らしてはいけないと考えて)受け答えを拒否しそうな場合、その人に「クレジット会社に申し込んで審査の電話があるかも」と一言声をかけておくと取り次いでくれるでしょう。

ちなみに申し込みフォームには、勤務先電話番号の欄が一箇所しかありません。

会社に電話番号がいくつかある場合、代表番号を書かずに自分に直通部署の番号を記入しましょう。

他部署に電話がかかり、他部署の人が「そんな人いません」と答えてしまうと、在籍確認がとれずに審査落ちになる可能性もあるので要注意です。

増額申請の審査時間は長い

そわそわする男性

限度額を上げたい(増額)したい場合は、増額審査に申し込みます。

増額審査の回答が遅いと心配する人が多いようですが、増額審査は時間がかかると考えましょう。

原則最短即日、遅い場合は2営業日ほどかかります。

最初の申込み審査とは違い、限度額が高額になるのと、アコムでのこれまでの利用履歴(最低半年ほど必要)のチェックが生じるためです。

アコムの公式ページでも申し込み審査の「最短30分」とは違い「原則最短即日」という書き方がされています。

アコムの審査時間に関する口コミ

実際にアコムを利用した人の中から、審査時間に関する口コミをご紹介します。

  • 20代男性 アルバイト

    家賃の支払いに間に合わず、はじめてアコムを利用しました。
    審査が混んでいたみたいで、1時間くらいかかったと思います。
    正直バイトの収入で審査に通るのか不安でしたが、大丈夫でした。
    カードを発行してすぐにキャッシングできたので支払いに遅れずにすみました。
    困っていたので、当日に借り入れできて感謝しています。

  • 30代男性 会社員

    会社の昼休みに、スマホで申し込みをしました。
    審査は30分くらいで済み、会社帰りに無人店舗でお金を引き出せました。
    とにかく急いでいることを伝えていたからかもしれませんが、本当に借り入れまで早くて驚きました。

  • 30代男性 会社員

    給料日前で数万円ですが必要になり、アコムの自動契約機へ行きました。
    審査は1時間ほどだったと思います。
    他に少し借り入れがあったので、確認されましたがそれ以外はわりとスムーズでした。
    だれにも会わず素早くキャッシングできたのでよかったです。

【まとめ】アコムの審査時間は早いと感じる人が多数

この記事では、「アコムの審査時間が実際のところどれくらいかかるのか」と「審査が長引く人の特徴」についてご紹介しました。

アコムの審査時間については「平均で1時間前後かかる」ということがわかりました。

では、実際の利用者は思ったより早く感じるのでしょうか?遅く感じるのでしょうか?

さきほどの口コミの通り、アコムの審査のスピードについては「ほぼ満足」が多数です。

実際に審査申し込みしてみると、アコム側が審査が早く終わるように最大限配慮しているのが伝わるので、利用者は「審査にかかった時間は妥当だ」と判断しているとわかります。

最後に審査時間を長引かせないためにチェックするポイントについてまとめましたので、ぜひスムーズな借り入れの参考にしてください。

  • 申し込み内容に誤りがないか
    (プルダウン式選択のズレなど)
  • 希望限度額は大きすぎない
    (50万円以下に抑えるとよい)
  • 在籍確認はスムーズに終わりそうか
    (時間帯、部署直通番号を伝える)