アコムでお金を借りるとき、「金利がいくらか」気になりますよね。

でも「金利18.0%」といわれても、いまいちピンとこない方も多いのではないでしょうか?

いっそのこと「50万円借りたら、利息は◯◯円だよ!」と言われた方がわかりやすいのですが、そう簡単ではないのです。

なぜなら「どれくらいの期間、いくらずつ返済するか」で利息額は大きく変わってくるから。

そこで今回はアコムの金利や利息額について、借入額10万円、30万円、50万円ごとにわかりやすくまとめてみました。

また、30日間ゼロ金利キャンペーン(無利息期間)といった、オトクに借り入れする方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

アコムの金利はどうやって決まる?

アコムのCMを見て「アコムの金利って実際は何%なの?」という男性

金利は審査を通して決められ、申込者の条件によって適用される金利が異なります。

アコムをはじめて利用する場合、金利はほぼ「18.0%」です。

アコムの金利は3.0%~18.0%で契約極度額によって決まる

アコム公式ページや広告を見ると、金利3.0%~18.0%という数字を目にします。

しかしこの金利は、契約する限度額(極度額)によってさらに4段階にわけられるのです(利用者が申込時に希望額を伝えますが、限度額は最終的に審査で決まります)。

これを貸付利率といって、次のように明記されています。

アコムの貸付利率

※アコム公式ページより

さらに審査によって、適用金利の幅の中で何%が適用されるか最終的に決定されます。

たとえば限度額(極度額)が99万円以下であれば、適応金利は「7.7%~18.0%」です。

数字の低い方(=7.7%)を下限金利、高い方(=18.0%)を上限金利と呼びますが、新規顧客は審査ではほぼ上限金利「18.0%」が適用されます。

初回の金利が18.0%なのは信用度が低いから

「低い金利で借り入れしたい」という思いから、多くの場合下限金利に目が行きがちです。

しかしローン審査の原則では、自社で借り入れ実績のない新規申込は信用度が低いとみなされます。

逆にコンスタントに借り入れ・返済を繰り返している人は、信用度が高くなり、低い金利が適用されるようになります。

そういった理由で、新規顧客にはほぼ上限金利での融資となるのです。

さらに、初回の申し込みで契約極度額が100万円を超える人は、高額収入が安定して入っている人でなければなかなか難しいと考えられます。

つまり、初回利用の人は99万円以下の限度額になり、金利は7.7%~18.0%の範囲で決まるということ。

初回借入の場合は上限金利が適応されるので、はじめてアコムを利用する場合の金利は、18.0%で考えておきましょう。

はじめから上限金利で計算しておけば、それ以上の利息額になる心配はないので安心です。

アコムの金利の決まり方
  • 契約時の限度額によって適用金利が決められる。
    例)限度額99万以下=適用金利7.7%~18.0%
  • その中で何%が適用されるかは審査で決められる。
  • 新規ではほぼ上限金利18%が適用される。

アコムの金利と利息額の一覧表

アコムの金利(%)がわかると、利息(円)を計算することができます。

<利息の計算方法>
利息 = 利用残高 × 金利(実質年率)÷ 365 × 利用日数

借り入れ金額(10万円・30万円・50万円・100万円)ごとに、利息の計算をしたのが次の表です。

借入額 金利 毎回の返済額 返済回数 利息総額
10万円 18% 5,000円 24回 19,772円
30万円 18% 13,000円 29回 70,993円
50万円 18% 15,000円 47回 198,327円
100万円 15% 30,000円 44回 301,674円
※返済日は、毎月指定期間で試算
※金利は上限金利を適用
※30日間金利ゼロサービスは適用せず

たとえば50万を借りた場合、毎回の返済が15,000円(最低返済額)、総利息(完済までに支払うトータルの利息)が198,327円となります。

元金の50万と利息を合わせた総支払額は69万8,327円、返済回数は47回です。

アコムの返済額と利息

次に、毎回の返済額と利息について説明します。

契約時に決められた「毎回の返済額」は、最低返済額に設定されています。

最低返済額とは必ず返済しなければいけない最低限の金額のことで、毎回それ以上の金額を返済する決まりです。(定率リボルビング方式)

ちなみにアコムでは最低返済額を「最小返済額」としています。

最低返済額は次の計算方法で自動的に決められています。

<最低返済額の計算方法>
借入金額 × 一定の割合 = 各回の返済金額(1,000円未満は切り上げ)

「一定の割合」とは、つぎの基準により算出されます。

契約極度額(限度額) 一定の割合
30万円以下 借入残高の4.2%以上
30万円超~100万円以下 借入残高の3.0%以上
100万円超 借入金額の1.2~3.0%以上

たとえば限度額の70万円の人が50万円を借りて、一定の割合が3.0%だとしましょう。

50万円 × 3.0% = 15,000円

最低返済額は15,000円になります。

原則、途中で追加借入れしない限り完済まで最少返済額は変わりません。

追加借入した場合は、借入後の残高に応じて再度計算され、自動的に変更されます。

最低返済額での返済は損!?最低返済額と利息について

返済するときは、毎月最低返済額を返済していけばいいのですが、ここでもう一度意識していただきたいのが利息です。

毎月の最低返済額の内訳は利息と元本です。

例えば50万円を金利18.0%で借りたとしましょう。

すると最低返済額は月々15,000円となります。

そのうち50万円 × 18.0% ÷ 365 × 30 = 7,397円、1,000円未満は切り上げになるので7,400円が利息分となります。

つまり初回の返済では半分が利息で、元本はその半分しか返済したことにならないのです。

このように毎月の返済額が少ないと、借入残高はなかなか減りません。

借入残高が減らないということは、利息も支払い続けなければいけないということ。

毎月の返済額が少ないと返済期間が長引き、その分利息で損をしてしまうのです。

もちろん「毎月の返済の負担は軽くしたい…」というのが、借金をする側の本音でしょう。

ですが利息の負担もできるだけ減らしたいですよね。

もし余裕があるのであれば、最低返済額だけで返済を続けるのではなく「繰り上げ返済」をすることで利息を抑えることが出来ます。

アコムの繰り上げ返済

ここからは、アコムの繰り上げ返済で、利息をできるだけ節約する方法を解説します。

繰り上げ返済とは、毎月決められた返済額に加えて、さらにローンの一部を返済すること。

繰り上げ返済のメリットは、定期の返済と異なり、全額元本(実際に借り入れた金額)の返済にあてられることです。

繰り上げ返済することで元金が早く減り、将来的に払うべき利息をカットできるので非常に効果的です。

ちなみに繰り上げ返済の手順はとっても簡単。

毎月の返済の時に、任意の額(最低返済額プラスα)を返済するだでけです。

最低返済額を超えた分は、自動的に追加入金(繰り上げ返済)として処理されます。

また返済日でなくても、いつでも追加で返済することが可能です。

住宅ローンやカーローンで繰り上げ返済をするときは、その旨をローン先の金融機関に連絡しなければいけませんが、アコムではその必要はありません。

さらに、繰り上げ返済することによる手数料はかからず、いつでも便利に繰り上げ返済できる様に返済方法に柔軟性をもたせています。

金利18%で50万円借りると利息はいくら?

では、アコムで50万円を借りた場合の利息について詳しく見ていきます。

通常の利息額と、繰り上げ返済した場合の利息額も紹介しているので、参考にしてください(金利は18%を適用しています)。

最低返済額(15,000円)で返し続けた場合、利息はトータルで19万8,327円です。

【返済シミュレーション(50万円)】
アコムで50万円借りた時の返済シミュレーション
(※返済シミュレーションとは、毎回いくらをどのくらいの期間(回数)返済するのか一覧表で示したものです。これを見ると、返済額から利息にいくら充てられているのかもわかります。)

毎月3万円に繰り上げて返済した場合の利息額

アコムで50万円を借りて、もし毎回の返済額を、倍の3万円にしたらどうなるでしょうか。

返済金額のちがいによる総利息の差を、表にまとめました。

借入額50万円
毎月の返済 15,000円
(最小返済額)
30,000円
返済回数 47回 20回
総利息 198,327円 79,706円

このように毎月3万円返済することで、返済回数が27回短くなり、総利息額が11万8,621円減りました。

繰り上げ返済は簡単ではありませんが、余裕がある月だけでも実行すれば、返済回数が減り将来的な利息の負担が大きく減ります。

金利18%で30万円借りると利息はいくら?

次に30万円を借りた場合の利息について説明します。

こちらの場合も、返済額を2,000円多くして繰り上げ返済した場合と一緒に見ていきます。

最低返済額(13,000円)で返し続けた場合の返済シミュレーションは次の通りです。

【返済シミュレーション(30万円)】
アコムで30万円借りた時の返済シミュレーション

30万円の借り入れを毎月最低返済額で返済すると、利息の総額は70,993円となります。

毎月2,000円繰り上げ返済した場合の利息額

では毎月2,000円だけ増やして、1万5,000円ずつ返済するとどうでしょうか。

借入額30万円
毎月の返済 13,000円
(最小返済額)
15,000円
返済回数 29回 24回
総利息 70,993円 59,332円

返済回数が5回短くなり、総利息額が1万1,661円減りました。

繰り上げ返済は少額でも行うと返済回数が減らせ、利息の節約になることがわかります。

金利18%で10万円借りると利息はいくら?

最後に10万円借り入れた場合の利息について説明します。

最低返済額(5,000円)で返し続けた場合の返済シミュレーションは次の通りです。

【返済シミュレーション(10万円)】
アコムで10万円借りた時の返済シミュレーション

利息の総額は、19,772円となります。

「毎月の支払いが5,000円なら大丈夫…」と安心してしまいがちですが、そのまま返済すると24回、つまり2年間もかかってしまうのです。

返済回数を1年にした場合の利息額の利息額

お金を借りる人の中には2年もかけずに「1年間で借金を返済するぞ」と、期限を決めて返済シミュレーションする方もいるでしょう。

そういった場合、利息にはどれくらいの差が出るのでしょうか。

最低返済額(2年)で返済した場合と、1年で返済した場合、6ヶ月で返済した場合の利息額を比較してみました。

借入額10万円
返済回数 24回
(2年)
12回
(1年)
6回
(半年)
毎月の返済 5,000円
(最小返済額)
9,167円 17,552円
総利息 19,772円 10,011円 5,312円

1年間(12回)で完済する場合、毎月の返済額は9,167円必要です。

もっと短く半年(6回)で完済するには、毎月の返済が17,552円になります。

毎月の負担が増える代わりに、利息の総額は1年間の返済なら10,011円、半年の返済なら5,312円と少なく抑えることができます。

このように返済回数を減らすと毎月の返済負担は大きくなりますが、総利息はぐんと減るのです。

ただし無理は禁物です。

「いつまでに借金を返済する」と期限を決めた場合は、一度その返済回数で毎月の返済金額を計算してみましょう。

負担なく返していけそうなら、その期間内での返済が可能ということです。

自分の経済状況とうまくすり合わせて、返済期間を決めるようにしましょう。

アコムを金利ゼロで借りる方法

繰り上げ返済をしたり、返済期間を短く設定したりするなど利息を節約する方法を紹介しました。

でもじつは、アコムでお金を借りる際、金利ゼロでキャッシングする方法があるのです。

アコムでは30日間金利ゼロ円サービス(無利息期間サービス)を実施しており、一定の期間無利息でお金を借りることができます。

とくにお金を借りてすぐ返済する人にとって、無利息期間は大きなメリットです。

アコムの無利息期間を利用すれば、契約日の翌日から30日間金利ゼロでお金を借りることが可能となります。

たとえば4月1日に契約したとすると、4月2日~翌5月1日(30日間)まで無利息期間ということです。

翌日の5月2日から、その時点の借入残高に対して通常の金利がかります。

4月2日からの無利息期間(カレンダー)

アコムの金利ゼロ円サービスってデメリットはないの?

お得な話を聞くと「何か裏があるのではないか…」と疑いたくなりますが、アコムの金利0円サービスにデメリットはありません。

たしかに金利がゼロになると、お金を貸す側としては売上にならないどころか、人件費や手数料分がマイナスになります。

ですが金利というハードルをなくすことで、新しいお客さんが申し込みやすくなるというメリットがあります。

つまり無利息サービスをきっかけに新規顧客が増えるなら、費用対効果はけして低くないというわけです。

お金を借りる人にとって無利息期間を利用するデメリットはまったくないので、安心して利用してください。

アコムの無利息期間サービスを利用するときの注意点

ただしアコムの無利息期間を利用するには3つの注意点があります。

  1. アコムでの契約がはじめてであること(適用条件)
  2. 返済期日「35日ごと」で契約すること(適用条件)
  3. 30日間すぎると、通常の金利が発生する

1. アコムでの契約がはじめてであること

過去にアコムから借り入れをした人は無利息サービスの対象外です。

契約だけして利用せず解約した人が再契約をした場合も、対象外となるので注意しましょう。

2. 返済期日「35日ごと」で契約すること

アコムで契約をする際、3つのうちから返済期日を選びます。

  1. 毎月指定日
    毎月決められた日を返済期日とする
  2. 35日ごと
    前回の返済日の翌日から数えて35日目を返済期日
  3. 口座振替
    毎月6日に指定の口座から引き落とし

金利0円サービスを利用するには、「35日ごと」で契約することが条件です。

返済期日はのちほど変更することもできます(口座振替の場合は、手続きに時間がかかるので要注意)。

3. 30日間の後からは、通常の金利が発生すること

金利ゼロの30日間が終わった後も返済が続く場合、金利はどのように発生するのか確認しておきましょう。

アコムで10万円借りた場合を例に考えてみます。

【30日以内に返済が終わる場合】
アコムで30日以内に返済が終わる場合の金利

※アコム公式ページより

アコムで契約し、10万円を借り入れました。

そして「契約翌日から30日間」のあいだに、任意の回数(3万円+4万円+3万円の3回)で完済します。

すると金利はゼロ、つまり10万円借りて、10万円を返したら終わりです。

次に30日後も継続して返済する場合について見てみましょう。

【30日後も継続して返済する場合】
アコムで30日以内に返済が終わらない場合の金利

※アコム公式ページより

アコムで10万円を借りて「契約翌日から30日間」のあいだに、任意の回数(3万円+2万円+3万円)で返済をします。

するとまだ、2万円の借り入れ残高がある状態で金利ゼロの30日間が終了。

その場合無利息期間終了日の翌日から、借入残高の2万円に対して通常金利がかかります。

もちろんゼロだった30日間の金利が後から請求されることはありません。

通常金利は次の支払日までの日数分、つまり日割りで計算されます。

ちなみに、借り入れ残高2万円で、30日間借りた場合の利息額は300円ほどです。

20,000円 × 18% ÷ 365 × 30(日間)≒ 296円

「30日間を超えれば通常金利がかかる」ことを頭に入れ、無利息期間にできるだけ返済を進めておけば支払い利息を少なくおさえることができます。

【まとめ】アコムの金利と利息を減らす方法

アコムの利息節約法

アコムの金利と利息について説明しましたがいかがでしょうか。

お金を借りる時に一番気になるのが「金利」。

はじめは少しでも低い金利で借りようと、必死に低金利の金融機関を探しますよね。

しかし金利が高めでも、返済期間を短くすれば利息の負担を少なくできることがわかりました。

金利を下げるために「増額審査」や「金利引き下げ交渉」などの方法もありますが、いずれも一定期間借り入れを続けてからできることです。

今すぐ金利を下げることより、繰り上げ返済で返済期間を短くすることが一番利息を節約するのに効果的なのです。

そしてはじめてアコムを利用する場合、30日間金利0円サービス(無利息期間)を最大限に活用しましょう。

その際は、借りたその日からではなく契約日の翌日から30日間がカウントされますので、お金を必要とするその日に契約するのがオススメです。

利用者にいいことづくめの無利息サービスなので、ぜひ活用しましょう。

(※文中のシミュレーションでの試算結果は参考値です。実際のご返済内容とは異なる場合がありますので、あくまでも目安として参考にしてください。)