アイフルの必要書類とは?アイフルの審査申し込みで提出する本人確認書類と収入証明書

アイフルのカードローン審査に申し込むには、本人確認書類の準備が必要です。

アイフルをWebから申し込む場合、「スマホでかんたん本人確認」「銀行口座で本人確認」「その他のWebでの本人確認」の3つの方法により、オンラインでの本人確認が可能となっています。

スマホでの本人確認を選択すると、運転免許証など本人確認書類1枚の写真と自分の顔の写真をアップロードするだけで本人確認が完了します。

また利用限度額が50万円を超える人や、アイフル以外でもお金を借りていて総額100万円を超える人は収入証明書類の提出も必要です。

提出が必要な条件に当てはまる人は、収入証明書類もあらかじめ準備しておきましょう。
給与明細書2ヶ月分があれば、収入証明書類として提出できます。

基本的には申し込み後にアイフルから必要書類の案内があるので、すぐに申し込み手続きをはじめても問題はありませんが、とくにお急ぎの方はスムーズな申し込み手続きを行うためにも、事前に確認しておきましょう。

今回はアイフルの必要書類と必要書類の提出方法について詳しく紹介します。

アイフル公式バナー

アイフルは本人確認方法によって必要な本人確認書類が異なる

アイフルではどのように本人確認をするかによって、提出できる本人確認の書類が違います。

とくにWebで申し込む場合、本人確認書類の提出方法を選べるのですが、選び方によっては本人確認書類を2枚以上用意する必要もあるため、申し込む前に確認しておく必要があるのです。

本人確認書類を提出するパターンは、大きく分けて5通りあります。

アイフル本人確認のパターン5つ

  • スマートフォンで本人確認する
  • 銀行口座で本人確認をする
  • スマホや銀行口座以外の方法でWeb上の本人確認をする
  • アイフルの店舗や無人契約コーナーに来店して本人確認する
  • アイフル宛のメールやFAX、郵送で本人確認する

ではそれぞれの本人確認方法ごとに、提出できる本人確認書類を確認していきましょう。

スマートフォンで本人確認する

アイフルをWebで申し込む場合、スマホでの本人確認ができます。

この方法ですと、顔写真と以下の本人確認書類のうちいずれか1点を提出するだけで、本人確認が完了します。

スマホで本人確認する場合の本人確認書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 個人番号カード(表のみ)
  • 住民基本台帳カード

なお、記載の住所が現在の住所と異なる場合は、現住所が確認できる健康保険証1点や公共料金の領収書1点も一緒に提出してください。

提出方法は4ステップでとても簡単です。

スマホで本人確認する場合の本人確認書提出方法

  1. 申し込み後のメールに添付されたURLにアクセス
  2. 本人確認書類を撮影する
  3. 顔写真と動作撮影をする
  4. 写真をアップロード

スマホで提出する際に画像が不鮮明であったり、切れている部分があると再提出が求められるので、撮影するときは注意しましょう。

スマホのカメラで必要書類を撮影する

オペレーター

スマホでの本人確認なら本人確認書類を1点で済ますことができるので、オススメです!

銀行口座で本人確認をする

アイフルでは、本人名義の銀行口座があれば本人確認書類の提出なしで、本人確認を済ますことができます。

申し込み後の案内メールに従って、以下の手順で本人確認の手続きをしましょう。

アイフルの本人確認を銀行口座で行う手順

  1. 申し込み後のメールに添付されたURLにアクセス
  2. 希望の金融機関を選択
  3. 選択した金融機関のサイトへ遷移し、口座情報を入力
  4. 登録結果がOKであれば本人確認が完了

銀行口座で本人確認を行った場合は、口座引落での返済方法となる点に注意しましょう。

スマホや銀行口座以外の方法でWeb上の本人確認をする

Webで申し込む場合、先ほど紹介したスマホで提出する方法以外にも、アイフル公式サイトからいつでも本人確認書類が提出できる「書類提出サービス」などから本人確認書類を提出できます。

本人確認書類を提出する際は、現住所の記載がある【A】の書類から2点、または【A】から1点【B】から1点を提出します。

【A】の書類 【B】の書類
・運転免許証
・運転経歴証明書
・旅券(パスポート)
・住民基本台帳カード
・個人番号カード(表のみ)
・在留カード
・特別永住者証明書
・各種保険証
・国民年金手帳
・母子健康手帳
・住民票
・戸籍謄本
・住民票記載事項証明書
・公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK・固定電話)
・国税・地方税の領収書または納税証明書

※ 有効期限のない公的証明書は発行日より6ヶ月以内に作成されたものに限る

※ 所持人記入欄のない旅券(パスポート)は【B】から2点書類が必要

つまり2点以上の提出が必要ということですね。

アイフルの書類提出サービスによる提出方法

アイフルの公式サイトを見ると、「書類提出サービス」と表記されいている箇所があります。

アイフルの書類提出サービス

この箇所をクリックすると、すぐに書類提出用のフォームがでてくるので、こちらからいつでも提出できます。

アイフルの書類提出サービスの提出フォーム

画像は複数枚同時に送信できるので、収入証明書類の提出が必要な人も一緒に提出しましょう。最大画像サイズは1ファイルにつき4MBです。

ちなみに書類提出フォームは誰でも利用でき、アイフルに申し込む前でも書類提出が可能です。

申し込みを先に済ませた人は、アイフルからメールが届くので、メールに記載されたURLからも専用フォームにアクセスできます。

自宅に簡易書留が届きます

書類提出フォームで必要書類の提出をすると、後日自宅に簡易書留が送られてくるので、必ず受け取るようにしましょう。書留が届く前にお金を借りることはできますが、書留を受け取らずアイフルに返送された場合は、融資が停止する可能性があります。

アイフルの店舗や無人契約コーナーに来店して本人確認する

アイフルのローンカードを即日で受け取りたい人は、アイフルの店舗や無人契約コーナーでの契約手続きを行う方がスムーズです。

アイフルの店舗または無人契約機で契約する際は、店舗で本人確認を行うため、必要書類を持って行きましょう。もし必要書類を忘れてしまった場合は手続きが進められないこともあるので、要注意です。

来店での本人確認に必要な書類は以下のとおりです。

アイフル店舗での本人確認に必要な書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書
  • 公的証明書(氏名・住所・生年月日・顔写真あり)

顔写真つきの本人確認書類がない場合、現住所が記載されている書類(各種保険証や住民票など)も提出する必要があります。

提出書類の点数については、申し込み後にメールにて案内がありますので、必ず確認して持参するようにしましょう。

オペレーター

アイフルの審査は最短でも30分かかるので、店舗で申し込むよりもWebで申し込んでからお近くのアイフル無人契約機で契約する方が、待ち時間を自由に使えてオススメです。

アイフル宛のメールやFAX、郵送で本人確認する

アイフルではメールやFAX、そして郵送でも本人確認書類を送ることができます。
これらの方法で本人確認を行う場合は以下の書類を本人確認書類として提出できます。

アイフル宛のメールやFAX、郵送で提出できる本人確認書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書
  • 公的証明書(氏名・住所・生年月日・顔写真あり)

提出書類に記載されている住所が現住所と異なる場合は、申込者の名前と現在の住所の両方が記載されている「公共料金の領収書(NTT・電気・都市ガス・水道・NHK)」「住民票の写し」「印鑑証明書」のいずれかも用意しましょう。

ではアイフル宛のメール、FAX、郵送での提出方法を詳しく紹介します。

アイフル宛のメールで提出する方法

アイフルではメールに画像を添付して、書類提出することができます。

アイフル申し込み後に送られるメール内に記載されているURLから、「本人確認書類/収入証明書の送付先」(アイフル公式サイト)へ移動し、「メール起動」ボタンを押せばメールソフトが起動されます。

あとは件名に「お客様氏名」「生年月日」を入力し画像添付のうえ(2MBまで)送信するだけ。メールの本文入力は不要です。

メールで必要書類を提出する手順

  1. 必要書類を撮影
  2. 「メールを起動」ボタンを押す
  3. メールを作成。件名に「お客様氏名」「生年月日」を入力
  4. 撮影した画像を送信

件名の記入漏れがあると、どの申込者の必要書類か特定に時間がかかり、審査の時間が長くなりますので忘れず入力しましょう。

また一部のスマートフォンで、メールソフト起動後にファイルを添付できないことがあるようです。

その場合は、スマホの公式アプリで送信するか、直接メールアドレス( gazou@aiful.co.jp )を入力し送信すれば提出できます。

アイフル宛のFAXで提出する方法

必要書類には大切な個人情報が載っています。FAXで提出する場合、番号のかけ間違いのないよう送信しましょう(FAX番号 077-561-5688)。

アイフルの公式ページからFAX送達台紙(送り状のようなもの)がダウンロードできるので、利用するとよいでしょう。

そのまま送信したい人は提出書類の余白部分に、名前と生年月日を記載してください。

アイフル宛てに郵送で提出する方法

郵便で必要書類を提出する人は、本人確認書類と収入証明書類を入れ、次の宛先まで郵送します。

〒525-8530
滋賀県草津市西大路町1-1
アイフル(株)コンタクトセンターWeb係

このとき必要書類は文字が小さくならないように、拡大印刷して同封してください。

アイフルのATMコーナーに返信用封筒が用意されているので、それを利用するのもよいでしょう。

ただしアイフルに届くのは翌日以降になるので、アイフルで即日融資を希望する人は別の提出方法を選んだほうがよいかもしれません。

アイフルに収入証明書として提出できる必要書類

アイフルでは次の条件に該当する場合、本人確認書類に加えて収入証明書類の提出が必要です。

  • 希望の利用限度額が50万円を超える人
  • 希望の利用限度額と他社での利用残高の合計が100万円を超える人
  • その他アイフルから提出を求められた人

収入証明書として提出できるのはつぎの5つの書類です。すべて最新分の書類のコピーを1部用意しましょう。

アイフルで提出できる収入証明書

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
オペレーター

収入証明書は5つの中で、用意しやすい1点を提出しましょう。

源泉徴収票

源泉徴収票は、毎年1回勤務先から12月頃に交付される書類です。

収入証明書の中で唯一「勤務先」と「年収」が同時にわかるので信頼性が高い書類といえます。

ただしアイフルに提出できるのは、現在の勤務先が記載されている源泉徴収票に限ります。

転職前や退職前に交付されたものは、無効となりますのでご注意ください。

なくした場合には、給与明細書と同じく会社に再発行を依頼しましょう。

住民税決定通知書

住民税決定通知書とは、前年度の所得をもとに決まった住民税の金額を通知する書類のことです。

書類の見出しは「市民税・県民税特別徴収税額の通知書」などとなっており、住民税の呼び名が都道府県によって違うため、書類の呼び名もさまざまです。

例(東京都=特別区民税・都民税、大阪市=市・府民税、名古屋市=市・県民税)

住民税が給与から天引きされている人は6月ごろ職場から交付されます。

納税通知書は、他の収入証明書と違って再発行ができないため、なくしてしまった場合はほかの書類で代用しましょう。

給与明細書

給与明細書を収入証明書として提出する場合、直近2ヶ月分が必要です。

直近とは、たとえば今が1月なら11・12月分。ただし、すでに1月分が発行されている場合は、12・1月分となります。必ず連続した月のものを提出しましょう。

また、賞与支給がある場合は、1年以内の賞与明細書を提出します。

給与明細書・賞与明細書は、会社によっては再発行をしてくれますが、法律上義務ではないので断られる場合もあるようです。その場合は別の書類を準備しましょう。

アルバイトなどでよくありますが、給与明細書が手書きであったり「発行年月」「氏名」「勤務先」「総支払額」が明記されていない場合、勤務先の社印もしくは社判が必要となりますので注意しましょう。

オペレーター

社印や社判とは、会社の名前だけが掘られた判子のことです。長方形のゴム印とは違うのでご注意を。

確定申告書

個人事業主(自営業)やアルバイトの方の場合は、会社員の方が提出する給与明細書や源泉徴収票のかわりに確定申告書を提出します。

確定申告書は税務署受付印か税理士印があるもの、もしくは電話申告の受付日時と受付番号の記載があるものに限ります。

提出の際には、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して提出しましょう。

手元にない場合はe-taxで再ダウンロードか、時間はかかりますが300円ほどの手数料で税務署から再発行を受けられます。

所得(課税)証明書

所得証明書(課税証明書)は、年間所得に応じた住民税額を証明する書類です。

税額通知書と同じように、自治体によって名称が異なるので把握しておきましょう。

毎年5~6月以降、各市区町村の役場で取得可能で手数料は(自治体によって異なりますが)大体300円前後でしょう。

アイフルでは借り入れ後にも必要書類を提出することがある

ここまで、アイフルに申し込む際の必要書類について紹介しました。

アイフルの利用を考えている人の中には、アイフルと契約して、借り入れをしたあとでも、書類の提出が求められるか気になる人もいるかもしれません。

アイフルの利用を開始したあとでも、場合によっては書類の提出を求められることがあります。

どういったときに書類の提出が求められるのか、確認してみましょう。

アイフルの限度額を増額する時の必要書類

アイフルでは契約後に利用限度額を増額できます。その増額審査の過程で収入証明書の提出が必要になることがあります。

アイフルの増額審査で収入証明書の提出が求められる人は以下2つのいずれかの条件にあてはまる人です。

  • 増額後に利用限度額が50万円を超える人
  • 増額後にアイフルの限度額と、他社カードローンの利用残高の合計が100万円を超える人

とくにアイフル以外の貸金業者からもお金を借りている人は、限度額を上げることで総量規制を超える融資にならないか慎重に増額審査が行われるので、総利用残高が100万円を超える時点で必ず収入証明書の提出を求められます。

またアイフルの無人契約機や店頭窓口で増額審査する場合、手続きをはじめる際に本人確認書類の提出を求められるケースもあるので、本人確認書類と収入証明書の両方を持っていきましょう。

ちなみに増額審査のための書類提出は、アコム公式サイトにある「書類提出サービス」からも行えるので、外出しなくても必要書類の提出ができます。

アイフルローンカード再発行の時の必要書類

紛失などによりアイフルのローンカードを再発行するには、本人確認書類が必要です。

ローンカードの再発行する方法は郵送と来店の2通りありますが、無人契約契約機(自動契約機)に来店してカードを発行する方がスピーディーです。来店なら即日でカードを受け取ることができます。

アイフルローンカード再発行方法

郵送希望 ・まず会員様専用ダイヤルに電話する
・手続きの際は、本人確認書類の写しの送付が必要
来店希望 ・店頭窓口、無人契約ルームへ本人確認書類持参のうえ来店

アイフルのローンカードの再発行には324円の手数料がかかりますが、その場で払うのではなく次回返済日の返済額に上乗せして請求されます。

オペレーター

ローンカードを紛失したらすぐアイフルに連絡をし、不正利用されないよう利用をストップしましょう。アイフルでは会員専用ダイヤルの営業時間外でも「夜間カード紛失・盗難専用ダイヤル」が夜中でも対応しています。

アイフル利用中に転職した場合の必要書類

アイフルを利用中に転職したり引っ越しすることもありえますが、勤務先や住所・連絡先などに変更があったときはアイフルに連絡する義務があります。

また利用者が転職したときには、融資を存続できるか判断するために、収入証明書の再確認や勤務先へ在籍確認を行う可能性があります。

新しい職場にアイフルから在籍確認があるのは心配かもしれませんが、新規申し込み同様、プライバシーの配慮はしっかりされますのでご安心ください。

職場や住所が変わっていることをアイフルに連絡せずに、後の増額審査や収入証明書の再提出で知れることになると、あまりよい印象にならないので、速やかに連絡することをオススメします。

アイフルの必要書類についてよくある質問

最後にアイフルの必要書類についてよくある質問をまとめましたので、参考にしてください。

学生の場合、学生証も本人確認の書類として使えますか?
アイフルでは学生証で本人確認をすることはできません。

「学生証も身分を確認できるからいいのでは?」と思うかもれませんが、アイフルに申し込む際の本人確認書類として学生証は認められません。

したがってアイフルに申し込む学生の方は、運転免許証などアイフルに提出可能な本人確認書類を準備しましょう。

また借り入れ額が50万円を超える場合は、アルバイト先の給与明細書など収入証明書が必要になります。

個人事業主や自営業の必要書類は特別なものが必要ですか?
個人事業主の方も会社員の人と同じように本人確認書類と、必要であれば収入証明書を提出すればOKです。

ただし自営業の方は、希望限度額が50万円以下でも収入証明書の提出を求められるケースが少なくありません。

個人事業主の場合、会社員と比べて月々の収入が不安定なので、借り入れ金額にかかわらず収入証明書の提出を求められることがあるのです。

個人事業主の収入証明書は、「確定申告書(前年度証明分)」「青色申告決算書または収支内訳書」になります。

アイフルに提出を求められてから慌てなくてもいいように、あらかじめ準備しておくとよいでしょう。

【まとめ】アイフルの必要書類は審査申し込みの前に準備しておこう

アイフルでは本人確認の方法によって、本人確認を目的とした必要書類の提出条件が異なります。

Webから申し込む場合は、スマホからの書類提出もしくは銀行口座での本人確認をすると、スピーディに本人確認が完了します。

必要書類を写真撮影する場合は、ピンぼけや文字の大きさ、光の映り込みなどに注意して撮影しましょう。画像がうまく確認できないと、再提出となり、審査の時間が延びる原因となります。

またアイフルの店頭窓口やアイフルの無人契約機で本人確認を受ける際は、必要書類を不備なく持っていくようにしましょう。

申し込み後にアイフルから提出書類についての案内があるので、必ず確認してください。

中にはすぐに準備をするのが難しい書類もありますので(収入証明書など)、できれば申し込み前に必要書類を準備しておくことをオススメします。

アイフル公式バナー