SMBCモビットの審査基準

「SMBCモビットに申込みたいけど、審査に落ちないか心配」
「SMBCモビット審査通過するためにいい方法があったら知っておきたい」

このように、はじめてカードローンに申し込む時は、審査について不安になりますよね。

SMBCモビットの審査が甘いのか?厳しいのか?気になる人も多いのではないでしょうか。

じつはSMBCモビットの特徴である「10秒で簡易審査が完了」「勤務先への電話なし(WEB完結申込)」といったイメージから、審査が甘いと思って申し込む人も多くいます。

ですが結論からお伝えすると、SMBCモビットの審査は他社と比べて甘いわけではありません。

SMBCモビットでは、年収や勤務先、年齢などあらゆる面から総合的に審査し、返済能力があると認められた人だけが審査通過します。

そこで今回は、SMBCモビットの審査基準や審査の流れ、審査通過するためには何が必要なのか、最低限知っておきたい審査についてをまとめました。

オペレーター

SMBCモビットは三井住友銀行ATMが無料で使えるなど、メリットがあるので、はじめての方でも安心して利用できるカードローンの1つです。ぜひSMBCモビットの審査に通過して、はじめての借り入れ先として利用してみましょう。

SMBCモビットの審査は甘い?厳しい?他社の難易度と比較

冒頭でもお伝えした通りSMBCモビットは、誰でも簡単に借りられるイメージをもつ人が多いようです。

その理由は、SMBCモビットの審査の特徴にあります。

SMBCモビットの審査の特徴

  • 簡易審査は10秒で完了
  • 電話による勤務先への在籍確認なし(WEB完結申込)

これほど早く審査結果が出る理由は、申込者から送信された情報をコンピューターで自動採点しているからです。

SMBCモビットでは審査を、仮審査と本審査の2段階にわけ、そのうち仮審査である簡易審査はコンピューターでスコアリング(数値化)されています。

以前は仮審査から本審査まですべて人の手で行われていたので時間を要しましたが、現在は人とコンピューターで、審査を分業化することで審査時間が大幅に短縮されているのです。

またSMBCモビットでは在籍確認を省けると思われがちですが、そうではありません。

WEB完結申込に限り、在籍確認を勤務先への電話ではなく書類で確認をしているのです。

電話での在籍確認がないかわりに、WEB完結申込みには、社会保険証を持っていなければいけないという条件があります。

社会保険証は勤め先から発行されるもので、勤務先名称から入社年月日までわかる、勤め先を証明するのに信頼性の高い書類です。

このようにSMBCモビットは、在籍確認をなしにして審査を甘くしているわけではありません。

つぎに、SMBCモビットと他社の審査難易度を比べてみましょう。

カードローン各社が公開している審査通過率を見れば、カードローンの申込みに対して、どれくらいの割合で審査通過しているかわかります。

大手消費者金融3社の平均成約率(2020年3月期)

消費者金融 審査通過率
アコム 43.6%
プロミス 42.3%
アイフル 44.5%
SMBCモビット 非公開

参考)アコム・プロミス・アイフルの月次データより

じつはSMBCモビットは審査通過率を公表していません。ですが、同じ消費者金融のアコム・プロミスの審査通過率と大きな差はないと考えてよいでしょう。

なぜならここにあげた消費者金融の審査基準や審査スピードに、あまり大きな違いがないことから、SMBCモビットだけ審査通過率が極端に違うとは考えにくいからです。

SMBCモビットの審査通過率も、これに近い数字と推測できるでしょう。

このように、SMBCモビットの審査は誰でも簡単に通るほど甘くはありません。

ただ他社と比べて特別に厳しいというわけでもないので、きちんと準備をして審査に臨みましょう。

SMBCモビットの審査申込条件をチェック!主婦や学生も利用できる?

「フリーターで年収が低いけどSMBCモビットの審査に通る?」
「専業主婦だけど、主人の年収を入力すれば審査が受けられる?」
「学生はSMBCモビットの審査を受けたらだめ?」

カードローンを利用する人の年齢や職業はさまざまですが、SMBCモビットの審査に申し込むには条件があります。

SMBCモビットのに申し込める人

申し込める 正社員、派遣社員、契約社員、パート・アルバイト、不動産収入のある方など
申込不可 専業主婦、生活保護、年金の収入のみの方など個人の収入がない方

SMBCモビットの申込み条件は「年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期的な収入がある人」です。

つまり学生でも、年齢が20歳以上であることと、アルバイトなどでの安定した収入をクリアしていれば申込みは可能です。

パート等で働いていない専業主婦や年金受給者の方は無職、つまり本人に収入がない状態なので、申込みはできません。

またSMBCモビットでは、年収額よりも収入の安定性が重視されます。

そのため正社員や会社勤めの人に限らず、自営業や派遣社員、パート・アルバイトの人も安定した収入があれば借り入れ可能です。

正社員・派遣社員・パートの女性でも借入可能

正社員の人や、社会保険に加入しているアルバイト・パートの方は、電話による在籍確認がないWEB完結での申し込みができるので、とくにオススメです。

※WEB完結申し込みには三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座が必要です。

SMBCモビットの審査内容は?3つの審査基準

SMBCモビットの審査に通るかどうかは、実際に申し込みをして審査を受けてみないとわかりません。

ただSMBCモビットに申し込みをしたのに、審査に落ちてしまったら、信用情報機関に審査落ちの記録が残りますし、また別のカードローンに申し込むといったタイムロスが生じます。

できれば審査に申し込む前に、審査に通る可能性がどれくらいあるのか予測しておきたいところ。

そこでここでは「SMBCモビットの審査で、とくに厳しく見られるところ」を紹介します。

SMBCモビットが重視する審査内容

  1. 収入と返済のバランス(総量規制)
  2. SMBCモビット以外の現在の借入状況
  3. 過去の借入や返済状況(個人信用情報)

これら3つのうち、ひとつでも問題があると審査落ちになる可能性が高くなるので、申込み前にチェックしてみてください。

1. 収入と返済のバランス(総量規制)

SMBCモビットをふくむ消費者金融は、「年収の3分の1以上の借り入れはできない(総量規制)」というルールを守らなければいけません。

SMBCモビットで借入できるのは、年収の3分の1まで(総量規制)

そのためSMBCモビットの審査では、年収やその他の個人情報を評価して、返済能力が十分であるか、融資をしても返済していけるのかをチェックしていきます。

つまり希望限度額は総量規制におさまる金額でなければ、審査が厳しくなるでしょう。

希望限度額に対して、減額するかたちで審査通過することもできますが、最初から総量規制内での借り入れを意識しておいた方が印象もよいです。

とくにSMBCモビットに申し込む時点で他社での借り入れがある人は、現在の借入残高とモビットの希望限度額の合計額を、年収の3分の1までに収めましょう。

オペレーター

借入希望額が50万円を超えると、収入証明書類の提出が求められる場合があります。提出書類が増えると、審査項目が増えて審査に時間がかかってしまいます。SMBCモビットに申し込む際の希望額は50万円以下にしておくことをオススメします!

2. SMBCモビット以外の現在の借入状況

SMBCモビットに新規で申し込む人の中には、すでに他のカードローンを利用中という人もいるでしょう。

他社借入があってもSMBCモビットの審査に通過することは可能ですが、申し込みの時点で他社借入件数は3社以下が望ましいでしょう。

ちなみに他社借入とは、貸金業者(消費者金融・信販会社)からの借り入れのみを指します。

他社借り入れに含むもの・含まれないもの

含む 含まない
・消費者金融
・クレジットカードのキャッシング枠
・住宅ローン
・自動車ローン
・奨学金
・クレジットカードのショッピング枠
など

そして一般的に他社借り入れが4件以上あれば、審査通過の可能性は低いといわれます。

他社でも借入があるということは、SMBCモビット以外にも返済先があるということですから、毎月確実に返済を求めるSMBCモビットにとっては、審査に慎重になるのは当然です。

ちなみに現在は利用しておらず、返済も残っていないけれど、契約状態にあるキャッシングは、借入件数1件としてカウントされます。

もし現在利用していないカードがあれば、解約してからSMBCモビットに申し込むことをオススメします。

オペレーター

SMBCモビット以外の借入金額や借入件数は、少なければ少ないほど審査に通りやすくなるでしょう。

3. 過去の借入や返済状況(個人信用情報)

個人信用情報とは、個人の消費者金融・銀行カードローン、クレジットカードの支払いなどの利用履歴のことで、信用情報機関というところで管理・保管されています。

SMBCモビットが加盟するのは「株式会社日本信用情報機構(JICC)」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」2社ですが、加盟先と連携する「全国銀行個人信用センター」の情報も共有されます。

SMBCモビットの審査ではこれらすべての機関からの個人信用情報を照会し、返済能力を調査します。

その際に個人信用情報に金融事故情報が登録されていれば、SMBCモビットに限らず新規のローン審査通過は厳しいでしょう。

金融事故情報は「2ヶ月以上の返済または支払い遅れ」や「債務整理(法的に借金問題を解決する手段)」のことで、信用情報には5年間登録されます。

5年間という長い間、記録が残ることになるので、日頃からクレジットや支払いに気をつけておく必要がありますね。

自分の個人信用情報に不安がある人は、信用情報機関に開示の請求(有料)ができるので、SMBCモビットに申し込む前に確認しておくといいかもしれません。

SMBCモビットの審査時間は9時~21時!土日祝も即日融資可能

SMBCモビットは土日祝日も即日融資が可能

SMBCモビットは即日融資が可能で、審査受付時間は9:00~21:00(土日・祝含む)です。

ただし最短30分のスピード審査が可能なのは、平日19:00までに申し込みを完了した人に限られますのでご注意ください。

また審査受付時間外に申し込んだ場合は、翌日から申込みの先着順に審査が開始されます。

SMBCモビットでは土日・祝日も審査受付をしていますが、即日融資を希望する人は「審査が混み合う」「WEB完結申込を選ぶ」「借入方法が限られる」という3つの点に注意が必要です。

土日・祝日は審査が混み合うので午前中までに申し込む

土日は審査が混み合うため、時間がかかることも計算に入れておかなければいけません。

お伝えした通り、SMBCモビットの審査は最短30分という早さですが、平日19時までの申込みを対象としていることからも、土日・祝日の審査には時間がかかると予想できますね。

さらに審査の途中で、申込内容の不備や必要書類の再提出などが発生すれば、それだけ審査時間が長引きます。

そのため土日・祝日の場合は、午前中までに審査申込みを完了させましょう。

審査受付時間ギリギリであれば、審査時間内に自分の審査まで回ってこないケースもあります。

またSMBCモビットでは、申込み後フリーダイヤルに電話すれば、審査を優先させると明言しているので、急ぐ人は電話をしておきましょう。

土日・祝日の審査ならWEB完結申込みがオススメ

土日・祝日の審査に通過するには、在籍確認を完了させる必要があります。

在籍確認とは申込者の勤務先に直接電話をかけ、本当に在籍しているかどうか確認をとることです。

土日・祝日に会社が休業日のところが多いと思いますが、勤務先が休みの場合は在籍確認が完了せずに審査が保留となっていまします。

そのためSMBCモビットに土日・祝日に審査申込みをする場合は、カード申込みよりWEB完結申込みがオススメです。

なぜなら、SMBCモビットのWEB完結申込みは職場への電話による在籍確認なしで審査ができるので、土日に会社が休業日の場合でも対応できるからです。

ただしWEB完結申込みができるのは三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行の普通預金口座を持っている方に限られます。

また全国健康保険協会(協会けんぽ)が発行する保険証(社会保険証)、または会社の健康保険組合や共済組合発行の組合保険証の提出も必須です。

この条件に当てはまる方は、WEB完結を活用してSMBCモビットに申し込むとよいでしょう。

土日・祝日の審査後すぐ借りるなら銀行振込かコンビニATM

土日・祝日の申込にWEB完結で申し込んだ場合、借入方法は2つあります。

1つ目の借入方法は「振込キャッシング」です。

基本的にWEB完結ではローンカードの発行がないので、振込キャッシングで借り入れすることになります。

振込先を指定する際は、振り込みを希望する銀行口座が、土日祝日の即時振込に対応しているか確認しておきましょう。

SMBCモビット公式サイトの「各行振込時間」で確認できます。

即時振込対応外の金融機関であれば、銀行の翌営業日に振り込みが実施されますので注意しましょう。

2つ目の借入方法は「セブン銀行ATM」を利用した借り入れです。

WEB完結ではローンカード発行がないので、基本的にATMで現金を引き出すことはできませんが、「セブン銀行ATM」ならカードレスで借り入れができます。

SMBCモビットのアプリをダウンロードすれば、それがローンカードがわりになり、セブン銀行のスマホATM取引が利用できるのです。

土日・祝日にWEB完結で申し込んだ場合の借り入れ方法として、覚えておくと便利でしょう。

SMBCモビットの審査の流れ

SMBCモビットでは、仮審査・本審査の2段階の審査がありますので、申込み前に審査の流れを確認しておきましょう。

とくにSMBCモビットのインターネット申込みには「カード申込」「WEB完結申込」の2つのタイプがあり、はじめて利用する人には少々わかりずらいです。

それでは審査の流れを6つのステップで見ていきましょう。

SMBCモビット審査申し込みの流れ

  1. SMBCモビット公式サイトから申込み(WEB完結申込・カード申込)
  2. メールまたは電話で仮審査の結果が通知される
  3. 本人確認書類など必要書類を提出する
  4. 本審査に入る(ここまで最短30分)
  5. メールまたは電話で本審査の結果通知を受け取る
  6. メールのURLから入会手続きを行う

今回はインターネット申込みで審査を受ける流れですが、SMBCモビットの申込みは、電話・契約機・郵送から申込みも可能です!

1. SMBCモビット公式サイトから申込み(WEB完結申込・カード申込)

SMBCモビットのインターネット申込みには、「カード申込」「WEB完結申込」の2つのタイプが用意されています。

サイトの画面上にある2つの申込みボタンから、いずれかを選択して手続きを開始しましょう。

2つの申込みの大きな違いは、「WEB完結申込」なら申込みから借り入れまでネットとメールだけで済ませられることです。

基本的に、電話連絡なし・郵便物なしで借り入れまで完結するので、家族や周囲の人に知られることなく契約したい人にはぴったりです。

ただしWEB完結申込には条件があり、誰でも申し込めるわけではない点に注意しましょう。

SMBCモビットWEB完結申込の条件

  1. 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っている
  2. 社会保険証もしくは組合保険証を持っている

一方で「カード申込」は、申込時の入力項目が少なく、10秒で簡易審査結果が出ます。

そのあと必須項目以外は後から電話で伝えればいいので、取り急ぎ審査結果を知りたい人や、パソコン入力が苦手な人に向いているでしょう。

さらにカード申込の場合は、契約機または郵送でSMBCモビットのローンカードを発行できるので、コンビニや銀行提携ATMなど借り入れ方法の選択が広がります。

2つの申込みのうち、自分にあった方法で申込みを行いましょう。

申込みタイプ メリット 向いている人
カード申込 ・最小限の入力で、審査結果を表示
・提携ATMなど、借入方法の選択肢が広い
・パソコンが苦手な人
・カードを持ちたい人
WEB完結申込 ・申込みから借り入れまで、ネットとメールだけで電話や郵送物がない
・カードの発行がないので利用開始までが早い
・スマホなどで手続きを完結したい人
・振込キャッシングでの借り入れがメイン
・通勤先への在籍確認の電話を避けたい人

2. メールまたは電話で仮審査の結果が通知される

SMBCモビットでは、インターネット申込後にすぐメールが送信され、添付URLをクリックすればリアルタイムで審査状況が確認できます。

今どこまで審査が進んでいて、あとどれくらいで終わるのか確認できるので、落ち着いて審査結果を待てますね。

SMBCモビットでは、審査結果はメールまたは電話で回答があります。

「WEB完結申込」を選んだ人は、メールでの回答となりますが、審査にあたって申込内容について確認事項があれば電話がくるケースもあります。

審査回答が通知されるまでは、スマホに出られる状態にしておき、着信があれば必ず掛け直しましょう。

「カード申込」の場合は、オペレーターから本人確認の電話がありますので、残りの申込み内容の聞き取りや、必要書類の提出方法・在籍確認についての説明があります。

3. 本人確認書類など必要書類を提出する

審査結果が出たら、本人確認できる書類や、場合によっては収入を証明できる書類の写しを提示します。

SMBCモビットに必要な書類は次の通りですので、事前に準備しておきましょう。

  • SMBCモビット本人確認書類

    ・SMBCモビット本人確認書類
    ・運転免許証
    ・各種健康保険証
    ・パスポート
    ・個人番号カード(マイナンバーカード)※1

  • SMBCモビットの収入証明書

    ・源泉徴収票
    ・税額通知書
    ・所得証明書
    ・確定申告書
    ・給与明細書の2ヶ月分(賞与がある場合、賞与明細書も)

※1 個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

オペレーター

各書類の詳しい説明は「SMBCモビットの必要書類」でも紹介しています。

4. 本審査に入る

必要書類の提出が終われば、本審査に入ります。

本審査では提出した書類の確認作業に加えて、電話による在籍確認が行われます。

※カード申込の場合

SMBCモビットでは、申込みから本審査までは最短30分としています。

ただし公式サイトには最短30分で終わるのは、「平日19:00までに申込みを完了した分」と書かれていますのでご注意ください。

5. メールか電話で本審査結果の通知を受け取る

本審査が完了すれば正式な審査結果が、メールか電話で通知されます。

WEB完結申込みの場合は、SMBCモビットから届く審査結果メールに添付されたURLから入会手続きをすませば、すべての手続は完了。

WEB完結申込みの場合は、カードの発行や書類の返送は必要ありません。

6. メールのURLから入会手続きを行う

審査結果のメールにあるURLをクリックすると、まず契約可能額と契約内容事前告知書が通知されます。

よく確認のうえ、入会手続き(契約手続き)を開始しましょう。

入会手続きでは、モビットカードの受取方法(カード申込みの場合のみ)の選択や、返済期日の設定、そして返済方法の設定を行います。

すべて終われば入会手続き完了のメールが届きますので、WEB完結申込の場合はメール到着後すぐ借り入れが可能です。

一方でカード申込みはこのあと、「ローン契約機」か「郵送」どちらかの方法でカードを受け取ります。

契約機でカードを受取る場合は、SMBCモビットの系列である三井住友銀行内のローン契約機を利用しましょう。

郵送でカードを受け取る人は、一緒に送られてくる入会案内書に必要事項を記入のうえ、忘れずに返送しましょう。

SMBCモビットで審査落ちにならないための3つの対策

「SMBCモビットの審査に通るためのコツがあれば知りたい」という方向けに、審査に通るための3つの対策を紹介します。

じつはSMBCモビットでは安定した収入があり、他社借り入れなし(または少額)で過去のローンなど返済で遅延をおこしていなければ、問題なく審査に通過する人がほとんどです。

さらにこれから紹介する3つの点に注意すれば、より審査に通りやすくなるので、申込み前に一通りチェックしておきましょう。

SMBCモビットの審査落ちを防ぐ3つの注意点

  1. 申込内容は不備なく記入する
  2. SMBCモビットの希望限度額を低めに申請する
  3. SMBCモビットと同時に他社カードローンに申し込まない

1. 申込内容は不備なく記入する

アコムの審査、入力間違いに注意

基本的なことですが、審査をスムーズに終わらせるためには、申込時の入力は正確に行いましょう。

申込みで記入した個人情報に誤りがあれば、携帯にSMBCモビットから確認の電話があったり、審査時間が長引く原因になります。

うっかり入力ミスのときは本人確認の段階で訂正すれば問題ないですが、悪質なウソと判断されれば審査落ちになる可能性もあります。

とくに年収や勤務先の情報などは、審査にも大きく影響する項目です。

最近ではスマホ画面から申し込む人が多く、画面の小ささから誤入力や操作ミスによる申請内容の相違が多くあるので、送信ボタンを押す前にかならず見直しを行いましょう。

2. SMBCモビットの希望限度額を低めに申請する

「SMBCモビットの審査内容」でも説明したとおり、希望限度額は年収の3分の1に抑えることが望ましいです。

ただはじめから年収の3分の1まで借りられるかというと、そうではありません。

はじめてSMBCモビットに借り入れする場合、まだ利用実績がゼロで信頼性が低いため、限度額は50万円以下になることが多いでしょう。

そのため、審査に不安がある人や、SMBCモビットで審査通過することを最優先とする場合は「限度額は50万円以下かつ、必要最小限の金額」で申請しましょう。

SMBCモビットで利用を続けていけば、あとから限度額を上げる増額申請ができます。

3. SMBCモビットと同時に他社カードローンに申し込まない

急いでお金が必要になった時「どれか1社、審査に通過したところで借りられればいい」と複数のカードローンに同時に申し込む人がいます。

焦る気持ちはわかりますが、カードローンの申込みは1社ずつが鉄則です。

なぜなら複数のカードローンに同時に申し込めば、その情報は個人信用情報に共有されるからです。

短期間で複数のカードローンに申込みをしていると、「借り入れに計画性がない」「よほどお金に困っている」などの悪い印象を与えます。

せっかく審査の通過ラインにいたのに、同時申込みが原因で審査落ちになってしまってはもったいないですよね。

SMBCモビット以外のカードも検討しているなら、SMBCモビットの審査結果が出た後に申し込みを行いましょう。

SMBCモビットの審査が不安なら借り入れ診断をしよう

審査に通過するか不安な人は、SMBCモビットの借り入れ診断をしてみましょう。

さきほども説明しましたが、SMBCモビットでは「カード申込」後に最低限の必要事項を入力すれば、すぐに10秒簡易審査(仮審査)を行ってくれます。

ですが、これは正式な申し込みにあたり、信用情報にも申し込みの記録がのこります。

一方「借り入れ診断」は正式な申し込みではないので、個人信用情報側に記録されることはありません。

借り入れ診断に必要な情報は、「生年月日」「年収」「他社借り入れ」の3つのみ。

SMBCモビット公式サイトから誰でも無料で試せるので、申し込み前に試しておいて損はないでしょう。

お試し診断の結果と本審査の結果がかならずしも同じになるとは限りませんが、少なくともお試し診断で借入が難しいと診断された場合は、審査通過が厳しいことに間違いないので、慎重に申し込みをしましょう。

【まとめ】SMBCモビットの審査は最短30分で土日祝日も審査可能

今回はSMBCモビットの審査について、くわしく紹介しました。

平日19時までの申し込みなら最短30分というスムーズな審査で借入できるので、お急ぎの方にオススメです。

申し込みフォームも選ぶだけの項目が多く、数分で簡単に申し込みができるのもプラスポイントだと思いました。

とくに三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っている方で、社会保険証もしくは組合保険証を持っている方は、電話による在籍確認が不要なので、よりスムーズに審査が完了するでしょう。

はじめての借り入れでは審査について不安も多いですが、SMBCモビットはSMBCグループの会社ですので、サービス体制もしっかりしています。

コールセンターに電話すれば、借り入れまでの相談にも親切に対応してくれ、また利用中にも返済計画の相談をすることも可能です。

はじめての借り入れにオススメですので、検討してみてください。