SMBCモビットの返済方法

返済方法の充実さはカードローンを選ぶうえで重要なポイントです。

SMBCモビットのおもな返済方法は「口座返済型」「ATM返済型」ですが、それ以外にも「銀行振り込み」「ファミポート」と合計4つの方法があります。

今回はそれぞれの返済方法と手数料、また返済日の上手な選び方や、最低返済金額の決まり方について解説していきます。

またこの記事では、返済時にかかる利息の節約方法も紹介。返済方法を少し工夫するだけで、最終的に支払う利息を節約できるのでぜひ参考にしてください。

SMBCモビットはコンビニでも返済できる!4つの返済方法

SMBCモビットには全部で4つの返済方法があります。

まずはそれぞれの返済方法の特徴と、手数料の表を見てみましょう。

SMBCモビットの返済方法と手数料

返済方法 特徴 手数料
ATM返済 コンビニや銀行の提携ATMで返済 ATM利用手数料
口座振替 自分の口座から自動引き落としで返済 無料
銀行振り込み 指定の銀行へ振り込みで返済 振り込み手数料負担
コンビニメディア端末 ファミリーマート店舗のファミポートで返済 無料

SMBCモビットでは基本的に「ATM返済」と「口座振替」のどちらかを選びます。

ただしSMBCモビットの「WEB完結申込」の場合は、返済方法は口座振替になるのでご注意ください。

ただし返済方法は後から変更することもできるので、口座振替の返済方法を紹介する際にくわしく説明していきます。

それでは、それぞれの返済方法について見ていきましょう。

1. コンビニや銀行・駅の提携ATMで買い物ついでに返済

コンビニや銀行でも返済できる

SMBCモビットには、専用ATMとよばれるSMBCモビット直営のATMがありません。

かわりに身近なコンビニATMから、買い物ついでにSMBCモビットへ返済することができます。

その他メガバンクや地方銀行、同じ消費者金融のプロミスや駅のATMからも返済が可能です。

SMBCモビットの提携ATM

コンビニATM ローソン
ファミリーマート
セブンイレブン
ミニストップ
スリーエフ
コミュニティストア
デイリーヤマザキ
生活彩家
セーブオン
ポプラ
セイコーマート
銀行ATM 三井住友銀行(手数料無料)
三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
イオン銀行
第三銀行
熊本銀行
福岡銀行
親和銀行
ほか全国22の地方銀行
その他 プロミス
クレディセゾン
PatSat(駅のATM)

ちなみに提携ATMでSMBCモビットの借り入れや返済を行うと、1回の利用ごとにATM利用手数料が発生します。

SMBCモビットの提携ATM手数料

取引金額 ATM利用手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円

ただし三井住友銀行ATMだけは手数料がかからないので、三井住友銀行ATMが近くにある人は積極的に利用しましょう。

またセブン銀行ATMはモビットカードなしても返済ができますので、覚えておくと便利でしょう。(ただし手数料はかかります。)

SMBCモビットが使えるATMの営業時間や操作方法など、くわしい内容は「SMBCモビット ATMの使い方」の記事を参考にしてください。

2. 自動引き落しで返済忘れの心配がない口座振替

SMBCモビットの口座振替で返済

口座振替とは自分の口座から毎月に引き落としで返済をする方法で、引き落としの際に手数料がかかりません。

SMBCモビットの口座振替の引き落とし日は「毎月5日、15日、25日、末日」から好きな日を選択できます。

引き落とし時の口座名義は「SMBCM」であり、通帳にモビットの文字が記載されることはありません。

SMBCモビットで口座振替ができるのは、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行に口座のある方が対象となります。

これは「WEB完結申込」の条件でもあり、申し込み前の重要説明にも記載がありますね。

ただしSMBCモビットでは、会員サイト「Myモビ」から返済方法の変更も可能です。

途中から「ATM返済」にしたい場合、また途中から「口座振替」へ変更したい場合でも、会員サイト「Myモビ」から手続きが可能です。

3. インターネットバンキングからでも可能な振り込み返済

SMBCモビットの振込返済

振り込み返済とは、SMBCモビットの指定口座へ直接振り込む方法ですが、毎回利用するには不便な点もあります。

なぜなら銀行振込の際の振込手数料が利用者負担になったり、入金先口座の確認が面倒だからです。

しかし「モビットカードが手元にない」「SMBCモビットで口座振替が可能な金融機関の口座を持っていない」などの理由から、以外に利用する人が多い一面もあります。

また1000円未満の端数の返済ができるので、一括返済をする際に振り込み返済を利用する人が多いです。

SMBCモビットの入金先の口座については、利用者一人ひとり違うものが割り当てられるので、会員専用サイト「Myモビ」の「利用状況照会」から確認しましょう。

SMBCモビットの振り込み返済の手順

  1. モビット会員専用サービス「Myモビ」にログイン
    PCサイト、スマホサイト、SMBCモビット公式アプリなどからログインできます。
  2. 「利用状況照会」をクリック
    スマホアプリの場合は、利用状況照会の中の「振込先口座」のボタンから確認できます。
    ボタンの表示がない場合、PCサイトまたはスマートフォンサイトよりご確認ください。
  3. 振込先口座を確認する
    スマホアプリの場合の振込返済口座表示画面です。
    SMBCモビット振込返済口座(スマホアプリ)
    PCサイトの場合振込返済口座表示画面です。
    SMBCモビット振込返済口座(パソコン)
  4. 銀行ATM等やインターネットバンキングから振込返済
    インターネットバンキングを持っている人は、家にいながら振込返済が可能です。
    一方で現金や、自分の金融機関の口座から振り込みしたい場合は、金融機関が運営しているATMや窓口から返済をしましょう。

4. ファミリーマート店内のファミポートを使って返済

同じコンビニでの返済になりますが、ATMではなくファミポートで返済することもできます。

ファミポートとは各種チケットの発券などでおなじみの、ファミリーマート店舗あるマルチメディア端末のことです。

ファミリーマートで返済するなら、ATMよりもファミポート(マルチメディア端末)で返済するほうが、手数料がかからないのでオススメです。

手続きの際には、以下の利用手順を参考にしてください。

ファミポートを使って返済するときの利用手順

  1. ファミポート画面の「金融サービス『借入金のご返済』」からSMBCモビットを選択する。
  2. ファミポートにモビットカードを挿入する
  3. 暗証番号と返済金額を入力し、取引画面を確認する
  4. ファミポートから発券される「申込券」を受け取る
  5. 申込券をレジ持ってレジで支払い、お客様控えを受け取る

※ 「申込券」発行後、30分以内にレジにてお支払いください。

SMBCモビットの返済日はいつ?

カードローンを利用するにあたって、返済日や引き落とし日(口座振替)の選択肢は、なるべく多い方が返済に便利です。

SMBCモビットの返済日は4つの中から都合の良い日付を選べるので、返済するのに便利なカードローンといえます。

SMBCモビットは返済日を過ぎても返済ができなければ、遅延損害金が発生し余分な利息を払うことになるので、確実にお金が用意できる日付を選ぶのがポイントです。

それではSMBCモビットの返済日について解説していきます。

SMBCモビットの返済日は「5日・15日・25日・末日」から選べる

SMBCモビットの返済は1ヶ月に1回で、返済日は「5日・15日・25日・末日」4通りの日付から選べます。

ちなみに末日とは「その月の最後の日」のことで、4月であれば「30日」5月は「31日」と、その月によって変わります。

返済日に迷ったら、自分の給料日から数日後の日付を選択しましょう。

たとえば勤務先の給料日が25日なら、返済日を「末日」にしておけば、残高不足で返済ができないという事態は避けれるでしょう。

給料日当日である25日を返済日にもできますが、給与の振り込み前に引き落としをかけられて返済遅延扱いになる恐れがあるため、数日後に設定しておくことをオススメします。

またSMBCモビットでは口座振替の場合でも、上の4つから返済日を自由に選べます。

口座振替の場合は返済日に自動引落しがかかりますので、前日までに口座残高がある状態にしておきましょう。

SMBCモビットの返済日が土日祝日の場合は翌営業日が返済期日になる

返済日が土日・祝日などにあたる場合、「返済日は前倒し?後ろ倒し?」と迷いますよね。

SMBCモビットでは返済日が土日・祝日や年末年始であれば、返済期日は翌営業日となります。

これはどの返済方法でも同じで、口座振替の場合は翌営業日が引き落とし日になります。

もちろんSMBCモビットでは土日祝日に返済することも可能です。(口座振替以外)

土日・祝日でも稼働しているATMや、銀行振り込みで返済を行いましょう。

このように返済日が土日・祝日にあたる場合は翌営業日に繰り伸ばしされますが、土日・祝日にATMや振り込みから返済することもできます。

オペレーター

三井住友銀行または三菱UFJ銀行の24時間即時振込を利用すると、土日祝および年末年始の振込は、翌金融機関営業日の午前中に処理されますが、入金日は振込をした日付に遡って処理されます。

SMBCモビットの返済日は後から変更できる

SMBCモビットの返済日はいつでも変えられ、変更方法は3つあります。

SMBCモビット返済日の変更方法

  1. 会員専用のwebページ「Myモビ」(PCサイト)
  2. SMBCモビット公式のスマホアプリ
  3. モビットフリーコールへ電話

フリーコールで返済日変更をする場合は「給料日が変更になった」など、SMBCモビットになんらかの事情を説明して手続きを行います。

なおガラケー(モバイル版)からMyモビにログインした場合、返済日の変更手続きには対応していませんので注意しましょう。

やはりパソコンやスマホからの変更が便利かと思いますので、ここでは「Myモビ」からの操作手順を紹介します。

返済日の変更手順(Myモビ)

  1. 会員専用サービス「Myモビ」にログイン
  2. メニューから「約定支払日変更」をタップ
  3. 「モビットカード番号(または振込キャッシング番号)」「暗証番号」「生年月日」の3点を入力し「認証」をタップ
  4. 画面の指示にしたがい、希望の支払日を選択する
  5. 内容を確認のうえ「変更」をタップして完了

手続きが完了すれば、返済日はすぐに変更されます。

手続きの最後で「変更」をタップする前に、「変更後のお支払い日」と「変更後の次回お支払い日」が表示されるので確認しておきましょう。

また次回のお支払い日までの利用日数や利用残高に応じて、利息の金額が変動します。

次回の返済金額を確認したい場合は、Myモビの「ご利用状況照会」から確認ができます。

SMBCモビットの毎月の返済額はいくら?最低返金額の決まり方

SMBCモビットの毎月の返済額がいくらになるかは、借入金額によって決まります。

決まった返済額(最低返済額)以上であれば都合にあわせた金額を返済できるしくみですが、じつは最低返済額のまま返済している人がほとんど。

できるだけ利息を支払わずに返済するには、毎月の返済額を「多めに返す」ことがポイントです。

それでは、SMBCモビットの返済金額のしくみについて解説していきます。

SMBCモビットでは借入金額によって最低返済金額が決まる

SMBCモビットでは、最終借入後残高に応じて最低返済額が設定されます。

借入残高ごとの返済額はつぎの表をご確認ください。

最終借入後残高 最低返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、20万円以下 8,000円
20万円超過、30万円以下 11,000円
30万円超過、40万円以下 11,000円
40万円超過、50万円以下 13,000円
50万円超過、60万円以下 16,000円
60万円超過、70万円以下 18,000円
70万円超過、80万円以下 21,000円
80万円超過、90万円以下 24,000円
90万円超過、100万円以下 26,000円

※ 実質年率18.0%(最高利用残高が100万円以上は実質年率15.0%)の場合

※ 100万円超過の場合、最終借入後残高が20万円増すごとに、返済額が4000円追加となる

たとえば借入残高が30万円であれば、毎月の返済額は11,000円で、追加借入をしなければ完済まで返済額が変わりません。

ただし途中で追加借入をすれば、最後に借り入れした際の利用残高に応じて毎月の返済額が変わります。

たとえば借入残高30万円から追加で20万の借り入れすると、最終借入残高は計50万円ですね。

すると追加借り入れした時点で、毎月の返済額も11,000万円から13,000円に再設定されます。

SMBCモビットで利息を節約するなら追加返済がオススメ

SMBCモビットで効果的に利息を節約するには、追加返済(繰り上げ返済)が有効です。

たとえば50万円を借り入れし、最低返済額の13,000円で返済を続けると、返済期間は58ヶ月(4年10ヶ月)もかかります。

返済期間をより短く(半年~3年)設定すると、毎月の返済額は上がりますが、最終的に支払う利息に大きな差が出ます。

返済額による利息総額の違い(例:50万円を金利18.0%で借り入れた場合)

返済期間 返済額 利息総額 返済総額
半年 87,762円 26,574円 526,574円
1年 45,839円 50,074円 550,074円
2年 24,962円 99,079円 599,079円
3年 18,076円 150,721円 650,721円
4年10ヶ月 13,000円
最低返済額
251,057円 751,057円

注)実際には、月の日数の相違などにより、金額は多少異なる場合があります。

上記の表を見れば、毎月の返済額が高く短期間で返済した方が、利息総額が低いことがわかりますね。

返済期間を短くするには、積極的に追加返済をする必要があります。SMBCモビットの追加返済は、いつでも、何度でも可能です。

たとえば毎月返済が4000円のところ、5000円を入金すれば、差額の1000円が追加返済として自動的に処理されます。

とくに追加返済であることを、SMBCモビットに事前連絡する必要もないので、手間もかかりません。

また追加返済した金額はすべて元金に充当されますので、最低返済額のまま返すより元金の減りが早まり効果的に利息総額を節約できるのです。

ボーナスなど臨時収入があった場合は、無理のない範囲で追加返済を検討してみましょう。

SMBCモビットの一括返済や小銭での返済方法

SMBCモビットに借入残高をすべて支払い、利息も元金もゼロにすることを一括返済といいます。

一括返済の際は、まずモビットフリーコール(土日祝含む9:00~21:00)に電話をします。

オペレーターに一括返済の意思を伝え、支払い予定日までの利息を含めた借入残高の確認をしましょう。

最終の支払い金額がわかれば、3つのうちいずれかの方法で一括返済できます。

SMBCモビット一括返済の方法

返済方法 手数料 小銭の支払い
提携ATM 有料
(三井住友銀行ATMは無料)
×
(三井住友銀行と三菱UFJ銀行の一部ATMでは可能)
ファミポート 無料
銀行振り込み 有料
(振込手数料)

提携ATMを利用して一括返済するなら、硬貨に対応しているATMが便利です。

三井住友銀行と三菱UFJ銀行の一部ATMが硬貨に対応しています。

※硬貨の使える時間帯は限られる場合があります。くわしくは各金融機関のサイトから確認ください

注意したいのがコンビニATMなど、硬貨非対応のATMから一括返済する場合。

ATMでは小銭の利用ができない

カードローンでは1000円未満の端数を返済しなくても、利息が発生したり延滞扱いになったりはしません。

ですから今後もSMBCモビットでお金の借り入れや返済をする予定なら、端数分をきちんと返済する必要はないのです。

支払い義務がないとはいえ支払い残高が残るのは嫌だという人は、多めに支払って預り金にしておくことができ、次回借り入れ時に相殺されます。

SMBCモビットを解約したい場合は、残高をゼロにしなければいけないので、多めに支払っておつりを返却してもらう必要があります。

その場合はモビットフリーコールに電話し「預り金の発生および返却についての案内」を受けてください。

それが面倒な場合は硬貨対応の提携ATM、または銀行振り込みやファミリーマート店舗内にあるファミポートから一括返済をしましょう。

SMBCモビット返済遅れの対処法!SMBCモビットは返済日の延期が可能

SMBCモビットでは返済日に遅れそうな場合、「Myモビ」から自分で入金可能日を登録できるサービスがあります。

Myモビメーニュー内の「お支払予定日」から登録、またはモビットフリーコールからも可能です。

支払い予定日を登録しておけば、支払い予定日まではSMBCモビットから督促の電話や郵送物等の連絡がくることはありません。

ただし、本来の返済期日を過ぎた分の遅延損害金(実質年率20.0%)は発生するので注意しましょう。

また「支払いのメドが立たない」という人は、なるべく早くSMBCモビットに相談することをオススメします。

一番避けたいことは返済が遅れているにもかかわらず、連絡なしに放置しておくことです。

支払い遅れのため後ろめたい気持ちもあるかもしれませんが、早めに電話をすれば「今回だけは利息の支払いにする」など対応方法を指示してもらえます。

数日であっても連絡なしで返済を遅れることはSMBCモビットへの信用を落とす原因となるので、返済を延滞するときは必ず連絡をしましょう。

【まとめ】SMBCモビットの返済方法は口座振替が便利!追加返済も積極的に行おう

今回はSMBCモビットの返済方法について、ご紹介しました。

SMBCモビットの返済方法は「ATM返済型」と「口座振替型」にわかれますが、WEB完結申込で申し込んだ場合は口座振替型でのスタートになります。(あとから変更が可能です)

ほかにも「銀行振り込み」や「マルチメディア端末」でも返済ができますので、返済しやすいカードローンといえるでしょう。

また返済手数料がかからない返済方法を利用すると、無駄な出費を節約できます。

SMBCモビットの口座振替で返済したり、提携ATMのうち三井住友銀行ATMを使ったり、コンビニならファミリーマートのファミポート(マルチメディア端末)を利用して返済すると手数料がかかりません。

できるだけ早く返済を終わらせることで、利息の支払いを減らせるので、臨時収入があったら通常の返済に加えて、追加返済(繰り上げ返済)や一括返済で、利息の節約をめざしましょう。

一方でSMBCモビットの返済が遅れると、遅延損害金が発生するなどペナルティが発生するので、返済計画をきちんと立てて、無理のない借り入れを心がけましょう。