プロミスで即日融資を受ける方法

「今日お金が必要なのに、口座にお金がない!」こんなときに頼りになるのがプロミスのカードローンです。

プロミスは即日融資に対応しているので、審査対応時間内に申し込みを済ませれば、最短当日中に借り入れができます。

プロミスの審査にかかる時間は最短30分、土日祝日はもちろん、20時までなら遅い時間からの申し込みでも当時中にキャッシングできる可能性があるので、即日融資に強い消費者金融と言えるでしょう。

ただしプロミスで即日融資を受けるなら、できるだけスムーズに審査を終える必要があります。

そこで今回はプロミスで確実に即日融資を受けるための申し込み方法や、審査通過のコツを紹介したいと思います。

プロミスバナー

プロミスで即日融資を受けるなら何時までに申し込むべき?

プロミスで即日融資ができる申し込み時間

プロミスの審査回答時間は、9時から21時までです。

審査回答時間内に審査結果が出れば、その日のうちに審査結果を知ることができます。

ただ審査回答時間内に申し込んでも、審査の結果がでなければ即日融資ができないので、時間には余裕をもって申し込むことをオススメします。

即日融資を受けるには遅くとも20時までに申し込みを完了する

プロミスの審査時間は、最短30分です。

プロミス申し込みから審査回答までの流れ

あくまで最短の場合は30分で完了するという意味なので、「在籍確認の電話」や「必要書類の提出」のことも考慮して、1時間くらいかかるつもりで申し込むとよいでしょう。

プロミスの審査対応時間は9時から21時までなので、プロミスで即日融資を受けるなら、遅くても夜の20時までには申込みを完了させる必要があるということです。

ただし夜の20時前後は、駆け込みで即日融資を希望する人の申し込みが重なり、審査が混み合う可能性があります。

プロミスで確実に即日融資を受けたい人は、なるべく早く申し込みを済ませるようにしましょう。

午前中の審査申し込みで即日融資の確率が上がる

プロミスを利用した人の中には、審査に2~3時間やそれ以上かかったという人も少なくありません。

申込内容に不備があったり、在籍確認の電話がなかなか繋がらなかったりすると、審査結果が出るまでに時間がかかってしまいます。

また大型連休前やクリスマスなどのイベント前といった、申し込みが集中する時期も、審査に時間がかかることがあるので、注意が必要です。

さらにさきほども紹介したように、審査終了前の20時前後は即日融資を希望する人で申し込みが混み合いますから、当日中の返事がもらえない可能性もあります。

このような事態に備えて、即日融資を希望する人は午前中に申し込みを済ませましょう。

週はじめの月曜日を除き、午前中に申し込みをすれば審査が混雑していることはほとんどありません。

平日の午前中に申し込めば、昼休みやなどの空き時間にプロミス担当者とのやり取りもできますし、就業時間までに在籍確認の電話を受けることもできるので、余裕のある流れで即日融資の審査を進められるでしょう。

プロミスは土日祝日も即日融資に対応している

プロミスは土日祝日も即日融資が可能

プロミスは平日だけでなく土日・祝日も即日融資が可能です。店舗は土日祝日がお休みとなっているため、週末に店舗で申し込めません。

Web申し込みは平日週末関係なく、24時間いつでも申し込み可能。自動契約機は平日、週末ともに営業時間が9時~22時なので、その間に申し込みから契約まで済ますことができます。

土日祝 平日
Web申し込み 24時間 24時間
店頭 休み 10時~18時
自動契約機1 9時~22時 9時~22時

※1 契約機によって営業時間が異なる

なおプロミスの審査部は土日祝日も平日と変わりなく営業しているので、20時までに申込を完了させれば即日融資が受けられる可能性があります。

自動契約機は9時~22時まで営業しているので、即日でカードの受け取りも可能です。

ただし土日祝日に即日融資を希望する場合は、在籍確認に気をつけましょう。

土日祝日は休業日の会社が多いため、プロミスのスタッフが会社に電話をしたとき、誰も対応をしてくれず、在籍確認が取れないことがあるのです。

もし会社が休みの日にプロミスに申し込むのであれば、申し込み後すぐにコールセンターに問い合わせ、会社が休みで在籍確認が取れないことを伝えましょう。

あくまで審査内容次第ですが、プロミスでは電話以外の在籍確認にも対応しているため、プロミスに相談してみてください。

プロミスは、年末年始も即日借り入れできますか?
大晦日は18時までの申込みで可能。元旦は即日融資が受けられません。

プロミスは一年の中で元旦の1月1日だけは、自動契約機・プロミスATMや審査が休みになるので即日融資が受けられません。(Web申し込みは24時間365日受け付けていますが、審査回答は1月2日以降となります。)

お正月にお金が必要という人は、12月31日18時までに申し込みを終わらせましょう。12月31日18時~1月1日までの新規申し込み分の連絡は、1/2以降になります。

プロミスバナー

プロミスで即日融資を受ける効率のよい申し込み方法と借り入れ手順

プロミスでは「Web申し込み」「プロミス自動契約機」「店頭」から申し込みができます。

プロミスでの即日融資を希望するなら、場所を選ぶことなく24時間365日申し込みができる「Web申し込み」が断然効率がよいです。

自動契約機での申し込みも可能ですが、申し込んだ後審査の結果が出るまで、30分以上契約機の中で待機しなければならないので、無駄な時間を過ごすことになるでしょう。

またプロミスの店舗申し込みは、営業時間が平日の10時~18時と限られていることと、店舗自体が少ないため、自由度が低いと言えます。

ここではオススメの申し込み方法である「Web申し込み」から、即日融資を得るまでの効率的な借り入れ手順を3つ紹介したいと思います。

公式サイトからWebで申し込み振込融資でお金を借りる

プロミスのWeb申し込みで即日融資を受ける方法

最初に紹介するのは、申し込みから借り入れまでWebだけで済ますことができる、振込融資での借り入れ方法です。

  1. Web申し込み
  2. 必要書類提出
  3. 審査(在籍確認)
  4. 審査回答の通知
  5. Webで契約手続き
  6. 振込キャッシングで即日融資

プロミスは消費者金融の中でもとくに振込融資に定評があり、瞬フリというサービスが即日融資をさらに便利にしています。

瞬フリとは、プロミスの会員サービスから振込キャッシングの依頼をすれば、24時間365日わずか10秒程度で振込が実施されるプロミス独自のサービスです。

瞬フリは三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で利用できます。

借りたお金をインターネット上の決済で利用するという人は、わざわざ現金を引き出す必要がないので、振込融資を活用するのが一番効率のよい借り方でしょう。

Web申し込み後にプロミス自動契約機でローンカードを受け取る

プロミスの自動契約機で即日融資を受ける方法

「口座振込による融資ではなく、現金をキャッシングしたい」という人は、プロミスの自動契約機でローンカードを受け取る必要があります。

自動契約機でも申し込むことは可能ですが、審査中は契約機内で待つことになるので、あまり効率的とは言えません。

そんなときは、事前にWeb申し込みで審査を終わらせてから自動契約機へ移動し、ローンカードを受け取ることをオススメします。

プロミスの自動契約機で即日融資を受けるための手順は、次の通りです。

  1. Web申し込み
  2. 必要書類提出
  3. 審査(在籍確認)
  4. 審査回答の通知
  5. Webで契約手続き
  6. 自動契約機でローンカード発行
  7. 併設のプロミスATMでキャッシング

審査のあとに契約までWebで済ませておけば、仕事が終わった遅い時間帯からでも帰宅途中に契約機へ立ち寄り、ローンカードを受け取れます。

そして併設されているプロミスATM(利用手数料なし)で現金の即日キャッシングが可能です。

ただしプロミスの自動契約機は店舗によって22時より早く閉まったり、営業終了前に行くと順番待ちしている場合も。

プロミス公式サイトでお近くの自動契約機の営業時間を事前に確認し、できるだけ余裕を持って自動契約機に行くことをオススメします。

アプリローンでセブン銀行のスマホATM取引を利用する

プロミスのアプリローンで即日融資を受ける方法

プロミスのアプリローンは、Web申し込みから借り入れまでスマホのアプリひとつで完結できるので即日融資にぴったりの方法です。

アプリローン最大の特徴は、振込キャッシング以外にもスマホATM取引が選べるという点。

スマホATM取引とは、簡単にいうと「アプリを使ってQRコードを呼び出し、それをセブン銀行ATMにかざして借り入れを行う」という取引方法です。

プロミスのアプリローンをつかえば、ローンカードなしでもセブン銀行ATMで即日キャッシングができるのです。

スマホATM取引の際は「対応しているのはセブン銀行ATMのみ」で、「利用には提携ATM利用料が発生する(取引額が1万円以下は110円、1万円を超える場合は220円)」という2点にご注意ください。

プロミスのアプリローンを使った即日融資の方法の手順は次の通りです。

  1. アプリのダウンロード
  2. アプリ内の「新規申し込み」をタップして入力
  3. 必要書類を撮影しアプリ内で送信
  4. 審査(在籍確認)
  5. 審査結果の通知
  6. 契約手続き
  7. 振込キャッシング、またはセブン銀行ATMで即日融資

また公式サイトから申し込んでもスマホATM取引の利用は可能なので、申し込み前のアプリダウンロードに少し抵抗がある人は、申し込み後にダウンロードするのもよいでしょう。

プロミスバナー

プロミスで即日融資を受けるための審査対策

「今日中にお金を借りたい」とお急ぎの人のために、できるだけプロミスの審査に通りやすくするための対策方法を紹介したいと思います。

「即日融資ができるということは、プロミスの審査は甘いのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、プロミスの審査は決して甘くありません。

ですから信用情報に傷があったり、すでにプロミス以外のキャッシングで多額のお金を借りているという人は、審査に時間がかかるだけでなく、プロミスの審査落ちとなることもあります。

残念ながら信用情報や他社借入については今すぐ対策を講じることは難しいですが、申し込みのときにできる対策なら、今すぐに対策できるでしょう。

ここではできるだけ早く即日融資を受けるために、申し込みの際の対策方法について紹介します。

  • プロミスの申込み条件や審査基準を確認する
  • 申し込みに必要な書類は手元に用意しておく
  • 在籍確認の電話がすぐに受けられるようにしておく
  • 借入希望額は必要最低限の金額で申し込む
  • 申込内容は正確に記入しミスや虚偽申告がないようにする

プロミスの申込み条件や審査基準を確認する

プロミスに申し込む前に、申込み条件を満たしていることを確認しておきましょう。

プロミスに申し込みができるのは、20歳以上69歳以下の安定した収入がある人です。

正社員や公務員ではなく、アルバイトやパートの人でも一定の収入があれば申し込めますが、年齢が20歳未満であれば安定した収入があっても申し込みはできません。

さらにプロミスではメールアドレスを持っていることも、申し込みの条件となっているので注意しましょう。

申し込みに必要な書類は手元に用意しておく

プロミスに申し込む際は、必要書類の提出が求められます。プロミスの必要書類は、本人確認書類収入証明書類の2種類です。

本人確認書類は申込者全員提出が必要で、基本的には運転免許証を提出する必要があります。

運転免許証を持っていなければ、パスポートまたは健康保険+1点(住民票など)でも本人確認ができます。

収入証明書類については、次の条件に当てはまる人は必ず提出しなければなりません。

  • プロミスでの借入希望金額が50万円を超える人
  • プロミスでの借入希望金額と他社での借入残高が100万円を超える人

プロミスで収入証明書類として認められているのは、次の3つです。このうちいずれか1点を提出する必要があります。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書※賞与がない人は直近2ヶ月の給与明細書)

プロミスに申し込み後に必要書類の提出が求められたら、Web申し込みの人はスマートフォンのカメラ等で撮影したものを送信して提出します。

スマホのカメラで必要書類を撮影する

ですから、申し込む前に必要書類を手元に用意しておくと、スムーズに審査を進められるでしょう。

オペレーター

提出書類に個人番号(マイナンバー)が記載されているときは、見えないように加工して提出しましょう!

在籍確認の電話がすぐに受けられるようにしておく

プロミスでは、申込内容に書かれた勤務先に申込者が、本当に在籍しているかを確認するため、プロミスの担当者が勤務先に電話をかけます(在籍確認の電話)。

プロミスの電話による在籍確認

プロミスの在籍確認の内容はとてもシンプルで、なにか質問をされたり、長々と説明を受けることもありません。

申込者本人が電話に出ることができれば、次のような会話で電話はおわります。

プロミス担当者 「もしもし、私△△と申しますが〇〇さんはいらっしゃいますでしょうか?」
申込者 「私が〇〇ですが」
プロミス担当者 「〇〇〇〇(フルネーム)様でしょうか?」
申込者 「はい」
プロミス担当者 「この度はご利用ありがとうございます。私プロミス株式会社の△△と申します。在籍確認は完了となりますので、次の手続きを進めさせていただきます。ご対応ありがとうございました。」

また本人以外の人が電話に出ても、「〇〇は現在は電話対応中でして・・・」や「本日は休みをとっており、明日以降でしたらすぐに対応できますが・・・」といったように在籍を表す返答があれば、在籍確認は完了となります。

即日融資のために審査をスムーズに進めるなら、この在籍確認をいかに早くクリアするかが重要なポイント。

確実に自分が電話に出られる時間帯があるなら、申し込みのときにプロミスに伝えておくと、配慮して電話をかけてもらえるでしょう。

もし自分が電話に出られる状態ではないときは、同僚に「自分あてに電話があると思うけど、多分クレジットカード審査のことだから、今手が離せないからあとでかけなおすって伝えてもらってもいいかな?」と電話があることを予告しておくと、余計な詮索を避けることができるはずです。

プロミスに申し込んだのが週末で会社にだれもいないときは、事前にプロミスに相談することで、電話での在籍確認を保留し少額融資に応じてくれる場合もあります。

借入希望額は必要最低限の金額で申し込む

借入希望額はあくまで希望額なので、申し込みのときに金融した金額が必ずしも借入限度額になるとは限りません。

ただ高額融資を希望している人には、審査もより厳しくなります。

たとえば必要書類の提出でも紹介しましたが、50万円を超える金額を希望した場合、収入証明書の提出が求められ、安定した収入があるか厳しく審査されるのです。

ですから、できるだけ早くプロミスの即日融資を受けたいなら、50万円を超えない範囲、かつできるだけ少ない金額で申し込みましょう。

申込内容は正確に記入しミスや虚偽申告がないようにする

「早くお金が借りたいから」と焦って申し込みをすると、記入ミスの原因となります。

とくに他社借入件数や金額、年収などは審査に大きく影響するので、数字の間違いがないように、慎重に記入してください。

また審査に通りたいがために、実際の他社借入件数よりも少なく申告したり、年収を大幅に増やして記入したりすると、虚偽申告として審査落ちの原因となってしまいます。

急いでいるときだからこそ、間違いのないように正しい情報で申し込みをしてください。

【まとめ】プロミスで即日融資を受けるなら審査時間を考慮して早めの申し込みを!

プロミスの申し込みは、Webならスマホやパソコンから24時間いつでもどこでも手続きできます。

即日融資を希望するなら、審査回答時間内(平日・土日祝 9時~21時)に審査と契約を済ませる必要があるため、審査にかかる時間を考慮して遅くとも夜の20時には申し込みましょう。

ただ夜の時間帯は申込者が多く、審査に時間がかかる傾向にあります。ギリギリの申し込みだと即日融資が受けられない可能性もあるので、できるだけ早い時間帯に申し込むことをオススメします。

午前中のうちにプロミスに申し込んでおくと、余裕を持って審査の手続きができますよ。

「そもそもプロミスの審査に通るか心配」という人は、公式サイトの「お借入シミュレーション」を活用してみてください。

「生年月日」「年収」「現在の他社借入金額」の3つの内容を入力するだけで、プロミスに申し込む前に審査に通るかどうかが診断できます。

プロミスバナー