プロミスの自動契約機でお金を借りる方法

プロミスの自動契約機の設置数は全国に1,000台以上と、大手消費者金融の中でも非常に多く、利用しやすいのが魅力です。

とくにお急ぎの方で、ローンカード発行を希望する方は、プロミスの自動契約機を利用した申し込み手続きをオススメします。

プロミスの自動契約機でカード発行をすれば、カードが郵送されるまで待たなくても済むのです。さらに自動契約機に併設されたプロミスATMからその場でお金が借りられるのも嬉しいポイント。

自動契約機を上手に利用すれば、申し込みから審査まで最短30分、借り入れまで最短1時間で完了します。

即日融資を希望する人は、プロミス自動契約機の設置場所や営業時間を十分確認してから余裕を持って手続きを行いましょう。

今日はプロミス自動契約機の使い方や、申し込みの流れをわかりやすく紹介します。

プロミスバナー

プロミスの自動契約機で申し込み手続きをするメリット

プロミスは、基本的にWeb上で申し込みから契約まで完了できるカードローンです。

プロミスは振込融資にも対応しているので、来店しなくてもお金を借りることができます。

またアプリローンのサービスもあるため、ローンカード発行なしにセブン銀行ATMからキャッシングができるのも、プロミスの人気の理由です。

そのため、振込融資やスマホATM取引でキャッシングをしようと思っているなら、正直わざわざ自動契約機を利用する必要はありません。

ですが「ローンカードを持っている方が安心だし便利だと思う」という方や、「はじめての契約なので自分ひとりでは不安」という方は、自動契約機の利用した手続きがオススメです。

ではプロミスの自動契約機を利用するメリットを3つ紹介します。

1. ローンカードや契約書類を郵送してもらう必要がない

自動契約機からローンカードを受け取る男性

Webから申し込んでローンカードを受け取る場合、郵送または来店受取の2種類の受取方法があります。

郵送ですと、ローンカードが届くまでに日数を要するうえに、家族に郵便物が見られてしまう可能性があります。

もちろん郵送で受け取る場合も封筒の差出人は「事務センター」とだけ書かれているので、ひと目見ただけではプロミスからの郵送物とはわかりません。

しかし家族と同居していれば中身を確認される心配もありますよね。

一方自動契約機なら、契約完了と同時にその場でローンカードと契約書を受け取れるため、申し込みの時間帯によっては即日での借り入れも可能となるのです。

ローンカードや契約書類を直接受け取るわけですから、家族に見られる心配もありません。

つまり自動契約機を利用すれば、家族にバレることなく最短でカードを受け取ることができる、というメリットがあるのです。

2. カード受取後その場で併設ATMからお金が借りられる

プロミスの自動契約機には、プロミスATMが併設されています。(7時~24時※一部店舗により異なります)

プロミスATM

ですので、自動契約機でローンカードを受け取れば、すぐとなりに設置された専用ATMからその場でお金を借りることができるのです。

さらにプロミスATMなら、借り入れ時の手数料もかかりません。

コンビニ等の提携ATMからお金を借りると、取引額1万円以下で110円、1万円超で220円かかってしまうので、プロミス専用ATMを利用すると無駄な出費をせずに済みます。

3. オペレーターとすぐにやりとりできる

はじめてカードローンを利用する方は、プロミスの申し込み手続きに不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

とくにお急ぎの場合は、プロミスのスタッフのサポートが必要だと感じるかもしれません。

相談しながら申し込み手続きをするなら、お客様サービスプラザ(店頭窓口)でも可能ですが、近くに店頭窓口がないという人もいるでしょう。

そんなときは、全国各地に設置されたプロミスの自動契約機で申し込むことをオススメします。

プロミスの自動契約機にはオペレーターにつながる電話が設置されているので、一つひとつ確認しながら手続きを進めることができます。

即日融資を希望する場合は、急いでいる旨をその場でオペレーターに伝えられるので、オペレーターもできるだけリクエストに応えようとしてくれるはずです。

ただし自動契約機で申し込みをすると、審査結果を待つ間少なくとも30分は契約機内で待機しなければならないので、効率のよい方法とは言えません。

お急ぎの場合はスマートフォンやパソコンから申し込みを済ませて、審査完了後に来店することをオススメします。

プロミスバナー

プロミス自動契約機の営業時間は平日・土日祝問わず22時まで

プロミスの自動契約機の営業時間は9時から22時(土日祝含む)です。※契約機により営業時間が異なります。

土曜日、日曜日、祝日も22時まで開いているという点は、平日忙しい人にとってうれしいポイントですね。

ただしプロミスの審査回答時間は9時から21時までです。自動契約機の営業時間は22時までですが、審査結果の回答ができるのは21時までなので、余裕を持って申し込むことをオススメします。

プロミス営業時間
自動契約機 9時~22時
審査受付 9時~21時

審査にかかる時間も考えると即日融資を希望する人は、遅くとも20時までには自動契約機で申し込みを完了して、自動契約機内で審査結果を待つ状態にしておきましょう。

オペレーター

週末や連休前の夕方以降は、自動契約機が混み合い順番待ちになる場合もあります。即日融資を希望する人は、事前にWeb申し込みを済ませておけば効率的に時間を使えます。

プロミス自動契約機の使い方と申し込みの流れ

プロミスの自動契約機を利用した申し込みから借り入れまでの流れを見てみましょう。

プロミスの自動契約機で申し込み

  1. お近くのプロミス自動契約機に入室
  2. 契約機のタッチパネルで「はじめてお申込みのお客様」から手続き開始
  3. スキャナから必要書類をスキャンして提出
  4. 審査の回答を待つ(最短30分)
  5. 審査の通知後、契約をする
  6. ローンカードを受け取る
  7. 併設されたプロミス専用ATMで借り入れ

これらすべての手続きは、最短で1時間くらいと見てよいでしょう。

ただし、審査にかかる時間は必ずしも30分で終わるとは限りません。審査の結果がわかるまでは契約機内で待機しなければならないため、無駄な時間を過ごすことになってしまいます。

そこでオススメしたいのが、プロミス公式サイトからWebで申し込みを済ませてからプロミス自動契約機に来店し、残りの契約手続きをする方法です。

Web申し込み後に自動契約機で契約

  1. Webで申し込む(「来店でご契約」を選択)
  2. プロミス担当者から本人確認の連絡
  3. 審査の回答を待つ(最短30分)
  4. メールで審査回答と利用に関する説明を受ける
  5. お近くのプロミス自動契約機に来店・入室
  6. 契約機のタッチパネルで「web等でお申し込みのお客様」から手続き開始
  7. スキャナから必要書類をスキャンして提出
  8. 審査の回答を待つ(約2分)
  9. 審査の通知後に契約をする
  10. ローンカードを受け取る
  11. 併設されたプロミス専用ATMで借り入れ

プロミス自動契約機に来店する前に1~3まで済んでいれば、自動契約機で長時間待つことはないので、スムーズに進めば滞在時間30分程度で手続きが完了するでしょう。

では、Web申し込みをした場合の流れと自動契約機の使い方について、詳しく紹介します。

1. プロミスの公式サイトから申し込む

プロミス公式サイトからのWeb申し込みは24時間、時間があるときにいつでもどこでも手続きができます。

必要事項を正確に記入し、申し込みを完了してください。申し込みの際に気をつけることは、契約方法の選択です。

来店で契約する際は、必ず「来店でご契約」を選択してください。

プロミス「ご希望の契約方法」

「WEBでご契約」を選択すると、契約まですべてがWebでの手続きとなり、さらに「カード発行希望あり」を選ぶと郵送での受け取りとなってしまうので、注意しましょう。

2. プロミス自動契約機に来店する

プロミスから本人確認の電話があったあと、最短30分で審査結果が出るので、審査結果が出たら自動契約機で手続きをしましょう。

審査を待っている間に来店しておくと、審査結果を受け取った直後に契約手続きがすすめられ、効率的です。

プロミス自動契約機のドア

プロミスの無人店舗に入ると、写真のように「自動契約コーナー」と書かれたドアが見えます。

ドアに鍵がかかっている場合は、他の人が手続き中ですので終わるまで待ちましょう。

3. プロミスの自動契約機で手続きを開始する

自動契約コーナーのドアを開けると個室になっていて、契約機と椅子が置かれています。

プロミス自動契約機

部屋は内側から施錠できるので他の人が入ってくることもなく落ち着いて手続きができ、わからないことがあれば受話器でオペレーターと会話が可能です。(受話器がないタイプは、普通に話せば契約機についているマイクが拾ってくれます。)

契約機はタッチパネル式で「はじめてお申込みのお客様」と「web等でお申し込みのお客様・当社とお取引のあるお客様」を選択するところから始めます。

プロミス契約機の画面

すでにインターネットで申し込みをしている場合は、「web等でお申し込みのお客様・当社とお取引のあるお客様」のボタンを選択しましょう。

すると画面が、生年月日の入力画面に変わるので、入力すれば受付が完了します。

4. スキャナから必要書類をスキャンして提出

来店で契約する際は、自動契約機で必要書類の提出が求められます。必要書類を忘れてしまうと、これ以上手続きが進められないので注意しましょう。

必要書類は、自動契約機を使ってスキャンをして提出します。

プロミス自動契約機のスキャナー

プロミスの必要書類は、本人確認書類と収入証明書類の2種類あります。

本人確認書類は、申込者全員が必ず提出するものなので、必ず用意しましょう。

プロミスの本人確認書類

本人確認書類としてベストなのが、「運転免許証」。運転免許証を持っていなければ、「パスポート」または「健康保険証」+「現住所が確認できる書類」を提出しましょう。

上記の書類に記載された住所と現住の住所が異なる場合(たとえば引っ越したばかりなど)も、以下の「現住所が確認できる書類」から1点提出が必要です。

  • 住民票
  • 公共料金の領収証
  • 社会保険料の領収証
  • 国税・地方税の領収証
  • 納税証明書

※いずれも発行日か6ヶ月以内のもの

また、「プロミスで50万円を超える借り入れを希望する人」や「他社を含めた借入総額が100万円を超える人」は、収入証明書類の提出も必要ですので忘れず持参しましょう。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月)

※賞与がある場合は、1年分の賞与明細書

自動契約機を利用する場合、必要書類に不足があればそこで手続きが止まってしまいます。

とくに書類の有効期限については見落としがちなので、しっかり確認してから自動契約機に向かうようにしましょう。

本人確認が終わると、自動契約機から申し込み用紙が出てきます。

事前にインターネット申し込みをしておくと、ほとんどの項目が自動印刷されて出てきますので、空いている項目を手書きでうめて、本人確認の時と同じようにスキャンしましょう。

5. プロミスから審査の通知を受けて契約とカード発行をする

インターネットから申し込んだことで、すでに審査が終わっているので、2分ほどで最終的な審査結果が通知されます。

画面上に借入限度額、借入利率、延滞利率、支払日が表示されるので、これらの契約内容に同意できれば、同意のボタンをおしましょう。

契約内容に同意をしたら契約書類(契約内容説明書)が印刷されますので、確認をすれば契約完了です。

最後に、キャッシュカードの暗証番号4桁を入力すれば、ローンカードが発行されます。

6. 併設されたプロミス専用ATMで借り入れ

自動契約機でローンカードを受け取ったら、各種ATMで即キャッシングができます。

ATMの種類 手数料 利用可能単位
プロミスATM なし 1,000円単位
提携ATM
(コンビニや銀行)
1万円まで108円
1万円以上216円
1,000円単位または10,000円単位

自動契約機の近くにはプロミスの専用ATMが置かれているので、すぐに借り入れができて便利です。

プロミス専用ATMは手数料無料で、千円単位での借り入れができるメリットがあります。

また契約機に併設されているプロミスATMは24時まで営業しているため、22時までにローンカードの受け取りまで完了していたら、即日でキャッシングが可能です。(※一部店舗により異なります。)

さらにローンカードがあれば、身近なコンビ二ATMや銀行ATMといった提携ATMでも借り入れができます。

  • 三井住友銀行
  • ローソン銀行
  • セブン銀行
  • Enet(ファミリーマート)
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • イオン銀行
  • 東京スター銀行

など

ただし提携ATM利用の際は利用手数料がかかることや、ATMによっては借り入れの単位が1万円単位になることに注意しましょう。

オペレーター

プロミスでは三井住友銀行ATMも手数料無料、千円単位での借り入れができます。自宅や職場の近くに三井住友銀行がある方には大変便利です!

プロミスバナー

プロミスの自動契約機を利用して申し込む際の注意点

プロミスの自動契約機で申し込みや契約するときに、気をつけておきたいことが3つあります。

とくにプロミスの即日融資を希望しているなら、その日のうちに審査が通るように申し込みをしなければなりません。

できるだけスムーズに審査が終わるように、次に紹介する注意点を必ず確認しておきましょう。

1. 自動契約機の営業時間ギリギリに申し込まない

プロミスの自動契約機の営業時間は9時~22時であると紹介しましたが、審査回答時間は21時までです。

21時以降の申し込みは、翌営業日朝9時以降の回答となるため、即日融資ができません。

審査に最短30分かかることを考えると、遅くとも20時には申し込みを済ませておきましょう。

これはWeb申し込みでも、自動契約機での申し込みでも同じことが言えます。

またプロミス自動契約機の営業時間は、一部店舗で異なる場合があるため、20時までに申し込んでも、審査結果の通知やローンカードの発行が間に合わない可能性があります。

自動契約機を利用する前に、必ずプロミスの公式サイトで営業時間の確認を行ってください。

2. 必要書類を持っていくことを忘れない

自動契約機での申し込みや契約手続きをする場合は、来店後に必要書類を提出する必要があります。

もし必要書類を家に忘れてしまったり、提出書類に不備があったりすると、審査を進めることができません。

収入証明書類については基本的に、「プロミスで50万円を超える借り入れを希望する人」または「他社を含めた借入総額が100万円を超える人」が提出を求められます。

ただこれらの条件に当てはまらない人でも提出を求められる場合があるので、用意できるのであれば持っていくと安心です。

3. 自動契約機からの申し込みは在籍確認の電話に注意

プロミスの審査では電話による在籍確認が行われます。

プロミス公式サイトからのWeb申し込みなら、スマホ等で申し込んだあとに申込者本人が在籍確認の電話に出ることも可能です。

ですが自動契約機から申し込みをする場合、審査結果が出るまで自動契約機内で待たなければならないため、本人確認の電話に直接出る事ができません。

本人確認の電話は必ずしも申込者本人が電話に出る必要はなく、会社の同僚の人が電話に出ても、申込者の在籍さえ確認できれば、問題なく認められます。

本人以外の人が在籍確認の電話に出ても、プロミスからの電話であることや、キャッシング審査の電話であることは一切言わないので、安心してください。

ただ、どうしても会社に電話をかけられると困る事情がある場合や、会社が休み等で電話に出る人が誰もいない場合もあるかと思います。

そんなときは、遠慮なくオペレーターに相談しましょう。プロミスの在籍確認は電話以外の方法にも対応しているため、対策を提案してくれるはずです。

借り入れ後にも使えるプロミス自動契約機の機能

プロミスの自動契約機は新規の申し込みや契約手続き以外にも機能があり、増額審査の申し込みや、契約内容の変更手続きなどができます。

  • プロミスの増額審査申し込み

    契約後にプロミスの限度額を増額したい場合、自動契約機から申し込みができます。ただ増額審査は、契約後すぐに対応してもらえるわけではないため注意しましょう。プロミスで定期的にお金を借りて、遅れることなく返済することで信用度が上がり、増額案内が届いたときが、増額のタイミングです。

  • プロミス契約後の契約内容の変更

    返済日の変更や利用限度額を下げるなど、契約内容の変更をすることができます。

  • 契約後のローンカード再発行や暗証番号の変更

    「プロミスのローンカードをなくしてしまった!」というときも、自動契約機から再発行が受けられます。また暗証番号を変更する際にも、自動契約機から手続き可能です。セキュリティ面から、暗証番号は頻繁に変更することをオススメします。

ただし自動契約機で返済をしたり、解約をしたりすることはできません。

【まとめ】プロミスの自動契約機で契約する人も事前にWeb申し込みを

今回は、プロミス自動契約機での申し込み手続きについて紹介しました。

プロミスの自動契約機は、申込みからカード発行まですべての手続ができるので大変便利です。

しかし自動契約機は時間帯によっては混み合っていたり、審査の時間を自動契約機内で過ごさなければいけない点が、少々不便なところ。

振り込みやアプリによる借り入れを予定しているなら、自動契約機よりもWeb完結で申し込むほうが便利で効率的です。

ただ即日融資でローンカードの受け取りを希望する人は、自動契約機からの受け取りが一番はやいですから、Webで申し込みをしてから自動契約機での契約手続きをオススメします。

あらかじめインターネット申し込みで審査を終わらせてから自動契約機へ行くことで、長時間契約機内で審査結果を待たずに済むため、効率よくお金を借りられるでしょう。

プロミスバナー