三井住友銀行 カードローンの限度額を増額する方法

「三井住友銀行 カードローンの限度額を増額したい」

三井住友銀行 カードローンを限度額いっぱいまで使ってしまった人は、更にお金を借りるなら限度額を引き上げる必要があります。

三井住友銀行 カードローンでは、増額審査に申し込み、審査に通過すれば限度額の増額が可能です。

そこで今回は、「三井住友銀行 カードローンの限度額を増額する方法」について紹介します。

ただし、三井住友銀行 カードローンの新規契約をして1~2ヶ月ほどしか経っていない人は、増額審査に通ることは難しいでしょう。

なぜなら新規契約の際に、十分審査を行った上で限度額を決めたからです。

また土日に増額審査を申し込むと、日数を要する場合があるので即日で増額したくてもできないというデメリットがあります。

ですから新規契約からまだ間もない人や、今日お金が必要な人は、三井住友銀行 カードローンの増額ではなく、SMBCモビットの申し込みを検討してみてください。

SMBCモビットは、三井住友銀行と同じSMBCグループの金融機関なので、安心して利用していただけると思います。

オペレーター

今日中でなくても間に合う人や、借入先をあまり増やしたくないという方は、三井住友銀行 カードローンの増額方法を確認し、増額申請しましょう。

三井住友銀行 カードローンで限度額を引き上げる2つの方法

三井住友銀行 カードローンの限度額を引き上げるには、増額審査への申し込みからスタートします。

申し込み方法は「1. 自分から三井住友銀行に連絡して増額申請する」「2. 三井住友銀行からの増額案内に返答する」の2パターン。

現在、三井住友銀行から増額案内のメールが届いていない人は、まず1の申請方法をご確認ください。

1. 自分から三井住友銀行に連絡して増額申請する

三井住友銀行 カードローンから増額案内が届いていなくても、自分から増額の申し込みができます。

申し込み方法は、「電話」または「ローン契約機」の2つです。

くわしく見ていきましょう。

三井住友銀行 カードローンのフリーダイヤルに電話する

電話で増額申請するときは、三井住友銀行のフリーダイヤル(カードローンプラザ)へ電話します。

電話の受付時間は9:00~21:00で、土日祝(12月31日と1月1日を除く)も増額申請が可能です。

なお申込時には口頭でいくつか聞き取りがあるので、スムーズに答えられるよう準備しておきましょう。

増額申請時に聞かれること

  • 個人情報(住所や勤務先)に変更はないか
  • 限度額増額の目的
  • 限度額増額後の希望限度額

「限度額増額の目的」についてですが、三井住友銀行 カードローンの利用目的は「事業資金以外なら自由」ですので、増額審査の際に聞かれたときも「レジャー資金、生活費」など正直に話しましょう。

ただし「事業資金」「ギャンブル」が用途では、増額審査に通りません。

先ほどお伝えした通りカードローンは事業資金目的には使えず、またギャンブル目的では増額をしても返済不能に陥るのでは?と、銀行側が融資に後ろ向きになるからです。

三井住友銀行のローン契約機から申請する

三井住友銀行自動契約機のブース

三井住友銀行店舗内にあるローン契約機でも増額申請ができます。

ローン契約機の営業時間は9:00~18:00で、土日・祝日でも原則受付可能です。

※ローン契約機が設置されている店舗にもよりますので、公式ホームページの店舗検索からご確認ください。

ローン契約機に入ると中からカギができるので、人目を気にせず落ち着いて手続きできます。

契約機はタッチパネル式になっていて、操作等でわからないことがあれば備え付けの受話器からオペレーターとの通話ができます。

三井住友銀行からの審査結果の連絡時間は、9:00~21:00(土日・祝含む)です。

オペレーター

ちなみに三井住友銀行のATMからは増額申請できませんのでご注意ください。

2. 三井住友銀行からの増額案内に「増額する」と返答する

カードローンの利用開始から半年ほど経つと、三井住友銀行から「増額しませんか?」と増額案内が届きます。

三井住友銀行 カードローンでは契約後も随時、途上審査を行っていて「利用状況」「延滞がないか」「他社利用が増えていないか」などを確認しています。

途上審査を行う理由は、延滞などのトラブルを未然に防止するため。

そして途上審査の評価が優良な利用者には、電話やメールで増額案内の連絡があるのです。

たとえば返済遅延をしていないのに三井住友銀行 カードローンのフリーダイヤルから着信があった、そんな人は増額案内の可能性があるので折返しましょう。

増額案内の電話で説明を聞いて「増額する」と返答すれば、そのまま増額申請に移ります。

もちろん増額したくない人は、その旨を伝えれば電話は止まります。

三井住友銀行からメールで増額の案内が届いた場合は、メールにあるURLから申請に進んで手続きをすれば完了です。

三井住友銀行 カードローン限度額の増額審査にかかる時間は?土日に注意

「増額申請したら、その日のうちに追加でお金を借りられるか」は、急いでお金が必要な人には一番気になるポイント。

三井住友銀行 カードローンの増額審査は、すでに途上審査が済んでいれば1~2時間で回答が来ることもあるようです。

つまり増額審査をしたその日のうちに、追加で借り入れも可能です。

ただし、つぎのような場合は増額審査に時間がかかるので、回答が翌日以降になる場合もあります。

増額審査に時間がかかるケース

  • 増額案内が来ていない(途上審査をクリアしていない)
  • 個人情報に変更がある(住所や勤務先など)
  • 大幅な増額を希望した(増額後の限度額が50万円以上)
  • 審査が混んでいる(申し込みが集中する大型連休前など)

なお、土日・祝日の増額審査はさらに時間がかかります。

三井住友銀行 カードローンの公式ページにも「申し込みや審査が土日の場合は3日~5日後のご連絡となります」と書かれています。 

まとめると、三井住友銀行 カードローンの増額審査は回答が早いという口コミもありますが、即日中に増額できるかどうかは審査内容次第です。

そのため急いでお金が必要な人は、少しでもはやく増額申請するか、このあとお伝えする別の方法でお金を借りることもご検討ください。

三井住友銀行 カードローン限度額の増額審査に通るための条件3つ

増額審査に通過するために、最低限クリアしておきたい3つの条件について紹介します。

今の限度額は審査を行った上で決まったものなので、銀行側も簡単に増額することはできません。

また三井住友銀行側から増額案内が来た人でも、増額審査がきちんと行われますし、審査によっては増額できない場合もあります。

そのためこれらの条件をクリアしているか、増額申請前に確認しておきましょう。

1. 三井住友銀行 カードローンの利用開始から半年以上が経っている

三井住友銀行 カードローンの利用開始からすぐは、限度額を引き上げることができません。

ですから、利用開始から6ヶ月経過してから増額申請をしましょう。

6ヶ月はあくまで目安ですが、6ヶ月間遅れることなく返済することで、三井住友銀行との信頼関係を築けます。

銀行側からの増額案内が、利用開始から半年以降に送られることが多いのも、申込者がきちんと返済する人かどうかを見極めるためなのです。

ただし注意したいのは、契約後に一度もお金を借りなかった場合です。

借入と返済の実績がなければ、三井住友銀行もあなたの信用度をはかれないので、たとえ契約から6ヶ月が経っていたとしても利用実績がゼロと同じ扱いになります。

もし今まで一度も借入をしておらず、急にお金が必要になり、限度額を増額しようと考えているなら、他のカードローンに新規申込をする方がはやく借りられるでしょう。

2. 他社のローンで返済を延滞していない

三井住友銀行 カードローンの利用状況がよくても、三井住友銀行以外の借入で延滞していると増額審査に通りません。

増額審査では初回審査と同様に個人信用情報の照会を行うので、他社ローンの利用状況も確認されます。

信用情報に延滞の情報があると、増額審査に通過する可能性は低くなります。

三井住友銀行 カードローンはもちろん、他社のローンの返済も滞りなくおこなっていることが大切です。

3. 収入アップや他社借入残高が減ったなどの好条件がある

三井住友銀行 カードローンに新規申込をした時よりも審査内容に好条件があれば、増額審査で有利になります。

限度額増額に成功しやすい条件

  • 収入がアップした
  • 他社の借入金額が減った

とくにアルバイト・パートから社員になった、大幅な収入アップがあったという人は、増額審査のチャンスかもしれません。

また三井住友銀行 カードローン以外でもお金を借りている場合、他社ローンの借入残高が順調に減っていれば、三井住友銀行 カードローンで増額できる可能性があります。

他社の借り入れ件数は、少なければ少ないほど増額審査に有利なので、完済したカードローンがあれば解約しておくことをオススメします。

三井住友銀行 カードローンで限度額を増額する2つのメリット

限度額を増額するメリットといえば、今よりもっとお金を借りられることですよね。

じつはそれ以外にも、限度額の増額でカードローンを今より便利に使える利点があるのでご紹介していきます。

1. 限度額の増額で金利が下がる可能性がある

三井住友銀行 カードローンの限度額を増額することで、金利を下げられる可能性があります。

なぜなら三井住友銀行 カードローンの金利は、限度額に連動して下がる仕組みになっているからです。

三井住友銀行 カードローンの金利表

利用限度額 金利(年率)
100万円以下 12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 4.0%~4.5%

※2021年4月現在の情報です。

たとえば現在、限度額50万円を金利14.5%で契約しているとします。

増額審査をうけて限度額が100万円に引き上がれば、適用金利は上の表のとおり「10.0%~12.0%」に変更になります。

つまり上限でも12.0%になるので、確実に金利が下がりますね。

金利が下がれば、支払利息が減るというメリットがあります。

金利別の利息表(50万円を借りて3年で返済した場合)

金利(年率) 14.5% 12.0%
毎月の返済額 17,210円 16,607円
総支払額 619,563円 597,836円
支払利息 119,563円 97,836円

※数字はシミュレーション用のもので、実際とは違う場合があります。

上の比較表は、金利が14.5-12.0=2.5%下がった場合の例です。

金利が下がれば、「毎月の返済額」と「支払利息」の両方が減るので、カードローンをより便利に利用できることがわかります。

ただし、はじめての増額で100万円を超える限度額が設定されるのは難しいかもしれません。

というのも、初回借入時の限度額が50万円以下のことが多く、そこからいきなり50万円以上も増額されるとは考えにくいからです

したがってはじめての増額でいきなり金利が下がるのは少ない例ですが、該当する人にとっては大きなメリットでしょう。

オペレーター

三井住友銀行 カードローンの利用を続けて、少しずつ限度額を引き上げるのが賢い使い方です。

2. 借り入れ先が増えないので管理が楽である

限度額の枠がいっぱいなってお金を借りるなら、「限度額を増額する」か「別のカードローンに契約をする」2つの選択肢があります。

もし三井住友銀行 カードローンで「増額する」を選択すれば、管理の観点からつぎの3つのメリットがあります。

限度額増額による管理面でのメリット

  • 返済日・返済方法の管理がしやすい
  • ローンカードを複数持たなくて済む
  • 利息の支払いが1社で済む

当然のことですが、借り入れ先は1つに絞ったほうが、返済日や返済方法の管理がラクです。

たとえば返済時に口座振替を選択すると、指定できる金融機関はカードローン各社でばらつきがあるので、引き落とし口座が複数に分かれてしまうこともあります。

そうなればどの口座にどれだけ残金があるか忘れ、延滞を起こして余分な損害遅延金が発生する原因にもなってしまいます。

お財布に入れておくローンカードも、1枚にまとめたほうが無くす心配もありませんよね。

さらに利息の面でもメリットがあります。

たとえば借り入れ先が複数にわかれると、それぞれの借り入れ先で利息が発生し、合計すると利息の負担が大きくなる傾向に。

一方で借り入れ先が1つだと、バラバラに金利を支払う合計よりも利息負担が少なくてすむ可能性があります。

このように返済管理の面だけでなく、金利面でも借入先は1本にしぼった方がお得です。

三井住友銀行 カードローンの限度額を増額する4つのデメリット

三井住友銀行 カードローンで増額するのはメリットだけではなく、デメリットもあります。

安易に増額申請して、「こんなはずじゃなかった」とならないために、4つのリスクを確認しておきましょう。

1. 増額審査の回答があるまで追加借入はできない

増額審査を受けている間、三井住友銀行 カードローンの借り入れはできません。

すでに利用可能額0円であれば問題ありませんが、たとえば限度額の枠が残った状態で申請する人は要注意です。

直近でお金が必要になりそうな人は、借り入れをしておいてから増額申請に申し込むほうがいいかもしれません。

ちなみに借り入れできない状態でも、返済する必要はあるので、返済日には忘れず返済をしましょう。

2. 増額審査で在籍確認をする場合がある

勤務先に在籍確認の電話がかかる

三井住友銀行 カードローンの増額審査では、「在籍確認をする」「在籍確認をしない」どちらのパターンもあります。

つぎに該当する場合は、増額審査時に会社に電話をして在籍確認があるかもしれません。

増額審査で在籍確認がある人

  • 転職をして勤務先が変わった
  • 前回の審査から時間が経っている

職場への電話を避けたいという人も多いですが、三井住友銀行 カードローンでは、銀行名を名乗るので、増額審査とバレる心配はありません。

なお在籍確認のやり方は、三井住友銀行に新規申込をしたときと同じです。

くわしく知りたい方は「三井住友銀行 カードローンの在籍確認を完了させる方法」の記事をご覧ください。

また、勤務先が同じなら原則在籍確認の電話はありませんが、銀行側が必要と判断する場合は実施されることもあります。

新しい職場で在籍確認の電話がむずかしいなど事情がある人は、三井住友銀行 カードローンのフリーダイヤルに電話をして相談をしましょう。

3. 収入証明書の提出が必要になる

増額後の限度額が50万円を超える場合は、「収入証明書」の提出が必要になります。

ほかにも銀行側が必要と判断すれば、限度額にかかわらず収入証明書の提出を求められるケースも。

たとえば、正確な期間は公表されていませんが、前回収入証明書を提出したときから期間があくと提出を求められることもあるようです。

増額時はより慎重に審査されるので、収入証明書の提出を求められる可能性が高いと考えておいたほうがいいでしょう。

増額審査に申し込む前に、つぎの収入証明書を準備しておくと審査がスムーズです。

収入証明書として提出できる書類

給与明細書類 発行日が3ヶ月以内のもの
源泉徴収票 申込みが1月の場合:証明する年度が前々年度以降のもの
申込みが2月から12月の場合:証明する年度が前年度のもの
税額通知書
納税証明書
所得証明書
申込みが1月から6月の場合:証明する年度が前々年以降のもの
申込みが7月から12月の場合:証明する年度が前年度のもの
確定申告書 証明年度が前年度のもの
(申し込みが、1月から3月の場合、証明年度が前々年分も可能)

上の通り、提出できる収入証明書は発行期限があることに注意しましょう。

なお三井住友銀行 カードローンへ提出した収入証明書は返却されません。

4. 限度額が引き下げられたりカードが利用停止になる可能性がある

増額する最大のリスクは、限度額引き下げの可能性があることです。

たとえばつぎのような場合は注意が必要です。

増額審査で限度額が下がる人

  • 収入が大幅に下がった
  • 返済延滞を起こした
  • 他社の借り入れが増えている
  • 退職・休職中である

とくに退職して無収入になっていると、「安定した収入がある」という申込条件から外れてしまい、場合によってはカードの利用停止となる可能性もあります。

そうなると増額どころか、限度額の枠が残っていても借り入れは不可能になり、返済のみの利用となっていまいます。

オペレーター

返済を延滞したなど心当たりのある人は、安易に増額申請すると大きなリスクがあることを覚えておきましょう。

今すぐ限度額を増額したいなら消費者金融も検討してみる

三井住友銀行 カードローンでの限度額の増額がむずかしそうであれば、消費者金融を利用するのも一つの方法です。

消費者金融を利用するのは「なんとなく怖い」という人もいますが、カードローンとしての使い勝手は銀行カードローンと変わりません。

大手消費者金融ならオペレーター対応も親切で、サービス面も充実しています。

さらに消費者金融の審査は最短30分なので、銀行カードローンで増額するより消費者金融に新規で申し込んだ方が早いという口コミも多いです。

少し消費者金融に抵抗がある人は、SMBCモビットがオススメ。

SMBCモビットは、三井住友銀行 カードローンと同じSMBCグループの金融機関なので安心です。

さらにWEB完結なら電話連絡なしでSMBCモビットを利用することもできますよ。

ただし残念なことに、SMBCモビットには無利息期間がありません。

多くの消費者金融では、初回契約日の翌日、または初回借入日の翌日から1ヶ月ほど無利息でお金を借りられるサービスがありとてもお得なのですが、残念ながらSMBCモビットにはないのです。

ですから無利息期間がある消費者金融を選ぶなら、アコムアイフルプロミスも検討してみましょう。

消費者金融 無利息期間
アイフル ご契約日の翌日から30日間
アコム ご契約日の翌日から30日間
プロミス 初回のご利用の翌日から30日間
SMBCモビット 無利息期間なし

※2021年4月現在

※その他、適用条件については各社ホームページをご覧ください。

【まとめ】三井住友銀行 カードローンの限度額増額は最短即日回答!ただしリスクもある

今回は、三井住友銀行 カードローンの限度額の増額について説明しました。

三井住友銀行 カードローンは増額審査回答の早い点が魅力です(最短即日)。

限度額が引き上がれば、将来もっとお金が必要になったときにすぐ現金が引き出せます。

ただし限度額の引き上げはメリットがある一方で、増額審査時に個人信用情報が悪化しているとわかれば、限度額の引き下げやカード利用停止の可能性もあります。

お金が必要なときに利用を止められてしまうと、とても困りますよね。

そんなときは追加でお金を借りられる方法として、消費者金融に新規申し込みをすることも検討してみてください。

限度額増額のメリット・デメリットをふまえたうえで、自分の状況にあった方法で追加借り入れをしましょう。