「お金に関するトラブル」の記事一覧

家賃滞納1ヶ月…いつ強制退去になる?執行までの流れや保証会社による強制退去について

お金に関するトラブル

1ヶ月だけの家賃滞納では契約解除・強制退去にはなりません。一般的に2ヶ月目に家賃支払督促の内容証明が送達され、3ヶ月以上の滞納に及ぶと契約解除通知・法的手続き(訴訟・判決・明渡処分)となり強制退去に至ります。近年、家賃債務保証会社を介しての賃貸借契約が増え、滞納家賃が保証会社によって弁済されると、保証会社から弁済金の督促を受けます。保証会社によっては回収方法に自主ルールを設けていない場合もあり、強引な追い出し屋のような取り立てを受ける可能性もあります。

携帯代滞納は5年が時効ではない!裁判になれば10年は信用情報機関に載る!

お金に関するトラブル

携帯料金・携帯端末代を滞納すると信用情報機関に異動(延滞)情報が記載されます。異動情報がある人は、あらゆるローン契約・クレジットカード契約の際に審査に通りにくい、または通りません。また、携帯代を滞納したまま放置していても時効は5年ではありません。時効の援用を行い異動情報を消してもらう必要があります。しかし裁判上の請求があったり、借金の承認があれば時効はストップし、さらに5年経過しないと異動情報は消えません。裁判上の請求により裁判所判決が出ると、その後10年間ブラックリストに載る可能性もあります。

税金・家賃・携帯料金・奨学金を滞納したら信用情報機関に載る?載らない?

お金に関するトラブル

水道光熱費や公共料金の滞納・税金滞納・家賃や携帯電話料金の延滞・奨学金の返還滞納など、これらの項目の中で、延滞や滞納をすれば信用情報機関に異動情報が載る情報と載らない情報があります。延滞情報が信用情報機関CIC・JICC・KSCによって、CRINやFINEで情報共有される。携帯端末の割賦払いにおいて、契約者が未成年の子供の場合、支払い名義人の親権者が滞納すると子供の信用情報に登録される。奨学金の延滞情報は10年間保有されます。信用情報に載らない延滞は放置するとどうなるのか?信用情報に関する疑問を解決します!

ページの先頭へ